豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

モティバエルゴノミクス(Motiva)の豊胸バッグをするならアフターケアが大切!

バストのサイズを2カップも3カップも大きくしたいときには、ヒアルロン酸注入法では不十分になります。より大きなバストを作るためには、メスを使った手術が必要です。メスの傷跡が気になるところですが、専用のバッグを挿入することで、1回の手術でも大きなバストをすぐに手に入れることができます。
しかし、従来のバッグでは、自然なバストを作り出せるとはいえない部分があり、バストを整形したことを周囲に知られてしまう心配がありました。そのような問題点をうまく解消してくれたのが、モティバエルゴノミクスというバッグの登場です。
モティバエルゴノミクスを挿入すると、姿勢に応じてバッグの形が動くようになります。横たわっているときには、お椀型のバストになり、立ち上がるにつれて、下側が膨れるように、自然なバストの形を作り出す機能を持っています。
優れたモティバエルゴノミクスですが、アフターケアをきちんとやらなければ、トラブルのもとになります。

モティバエルゴノミクス(Motiva)の豊胸バッグをするならアフターケアが大切!

施術の流れ・術後の過ごし方

モティバエルゴノミクス(Motiva)の豊胸バッグのアフターケアは、通常のバッグ挿入による施術とほとんど差はありません。バッグによる豊胸手術を受けた後の、基本的な過ごし方をするだけで、ダウンタイムの時期を上手に乗り切ることができます。
まず、モティバエルゴノミクス(Motiva)の豊胸バッグを挿入するときには、わきの下のしわにそってメスを入れます。この部分を圧迫したり、かきむしるなどの行為を行わないように注意します。
メスを入れた部分は出血を伴いやすい状態です。入り口付近だけでなく、内部も同様です。この傷が癒える前に血流を促すような行動を起こさないようにします。出血が多くなったり、内出血が皮膚表面にあらわれる心配があるからです。激しい運動や辛い物を食べる、飲酒をする、熱いお風呂に入るなどの行動はしばらく避けましょう。
また、傷口がふさがったり、痛みや腫れが引いてきたとしても、3ヶ月くらいはワイヤー入りのブラジャーの着用を控えるようにしてください。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*