豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

メモリージェルの豊胸バッグの修正方法って?

豊胸術にはヒアルロン酸を注入するメスを使用しない方法や、シリコンバッグを挿入する方法などがあります。
メモリージェルの豊胸バッグは、アメリカで開発された豊胸用の粘着性の高いシリコンジェルを内容物として豊胸バッグです。バッグの膜が多重構造でバッグの破損や内容物のシリコンジェルの漏れを低減し、耐久性を高めたものです。FDAの認可も取得済みで安全性が高く、多くの医療機関で採用されている豊胸バッグです。メモリージェルの豊胸バッグは、破損や内容物のリスクが低く、他のバッグと比べても安全性が高いことがメリットのひとつです。皮膜拘縮や石灰化が起きることが非常に低く、特殊な加工がされているため、皮膜拘縮のトラブルの予防ができます。ヒアルロン酸を注入する方法に比べると大きなバストアップが可能で、体内に吸収されることがないため確実にバストアップができます。抜き取りが容易なバッグなので、修正を希望する場合は、メモリーバッグを手術した医師やクリニックに相談することで無料で修正手術をうけることが可能になる場合もあります。

メモリージェルの豊胸バッグの修正方法って?

豊胸術のバッグ法とは?

豊胸術のバッグ法は、バッグを脇の下など目立たないところから乳腺下か大胸筋の下に入れ、胸を底上げすることで胸を大きくハリを出す豊胸術です。
メモリージェルの豊胸バッグは、4層構造で表面がなだらかで特殊な形状で、体に優しくバッグの自然な動きが可能です。バッグの周囲を取り巻くカプセルが柔らかく、薄くするために特殊構造になっており、ジェルの耐久性が従来のタイプよりも飛躍的に強化されているバッグです。
メモリージェルの豊胸バッグでバッグが破損したり、術後に痛みがあったり、感染、皮膜拘縮、効果や変化がみられないなどの場合には修正が必要です。修正する場合は内部組織が崩れると再手術が難しくなるため、技術や知識の高い医師を選ぶことが大切です。
メモリージェルバッグは万が一破損しても体に害はないものですが、メモリージェルの豊胸バッグで手術を修復などしないように成功させるためにも、事前のカウンセリングなどで経験や技術のある医師やクリニックを選ぶことが大切なことです。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*