豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳房吊り上げ術(マストペクシー)のリスクを正しく知っておこう

乳房吊り上げ術とは乳房固定術とも言われており、乳輪の位置を高くすることによって肥大もしくは下垂したバストの形を整えるという手術になります。豊胸として実際に大きくするというわけではないですが、バストの形を整えることによって張りのよいラインを維持することができるので、胸を大きく見せることができます。主に大きいバストが下垂して悩んでいるという人が対象となっている乳房吊り上げ術ですが、当然手術をする際にはいくつかのリスクが存在しています。
というのも乳房吊り上げ術は乳輪周辺の皮膚を切除するという手術に鳴っているため体に傷を入れることになるので、当然傷口が化膿したり痛みを伴うことがありますし、手術部位に血液がたまってしまったり、感染を起こしてしまうなど一般の手術でも見られるリスクを背負うことになります。これらは傷口を清潔に保っていれば可能性としては低いのですが、注意しておくべきリスクの一つであるといえます。

乳房吊り上げ術(マストペクシー)のリスクを正しく知っておこう

デメリットやリスク

そして乳房吊り上げ術(マストペクシー)ならではのデメリットやリスクとして、乳輪の形がいびつになってしまったり効果がしっかり出ないというところもあります。これに関しては乳輪の形にもよるのですが、周辺の皮膚を切除するようになるので綺麗に切除できなかった場合はどうしても形がゆがみやすくなっていますし、左右の乳輪の切除を同じようにしなくてはいけなくなっているので場合によっては左右の形が異なってしまうというリスクもあります。
また、乳房吊り上げ術(マストペクシー)は乳輪の位置を上部にすることによって乳房全体を吊り上げるという方法によってバストアップができるのですが、これは皮膚を引っ張るような形になってしまうので手術が失敗してしまうと乳房の形が楕円形になってしまいます。通常はお椀型が理想となっているのですが、楕円形になってしまうとブラジャーなどの下着を身につけても左右に乳房がはみ出てしまうなどの問題を抱えてしまう事もあります。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*