豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

【重要2項目解説】乳房吊り上げ術(マストペクシー)はどのくらいの効果がある?

乳房吊り上げ術とはどのような効果があるのか紹介していきます。この手術はどのようなものかと言いますと垂れてしまったバストを美しい形や角度に変えることです。また見た目が美しくなるだけではなく、女性に悩みの肩こりを改善する効果があります。乳輪の大きさが気になる方も併用して組み合わせることが出来るので安心です。バストが大きすぎて垂れてしまっているものを改善したい場合は乳房の縮小が適しております。バストにハリを持たせかつ位置をあげたい場合は豊胸術に適しています。

しかし胸の手術ではインプラントを併用するものが多くあります。手術時胸を引き下げる際に皮膚を切除することがあります。この手術でお勧めしたい方はバストの形を整え垂れてしまったバストを美しく整えたい方に深くお勧めをします。乳房吊り上げ術の名称はクリニックによってはマストペクシーや様々な呼び方をするので注意しましょう。乳房吊り上げ術をして美しい体型を維持します。

乳房吊り上げ術(マストペクシー)はどのくらいの効果がある?

リスクについて

乳房吊り上げ術(マストペクシー)の効果では良いところもありそれに対するリスクもあります。良いところとしましては垂れてしまったバストの位置が上がってスタイルも手術前より良く見えることです。これに対するリスクはまず乳輪の形がいびつになってしまうことや効果が出なくなってしまうことです。乳輪の形は失敗してしまうことで楕円形の形になってしまいます。傷跡が残る可能性があることと、両胸の大きさや形に差が出来てしまうことです。最悪の場合バストも上がらなくなってしまう可能性も高いです。また術後でダウンタイムや腫れ、傷跡がついてしまうこともあります。その効果が出るのは術後2週間です。このようなことが起きた場合で修正が必要な方は執刀医に相談するか他のクリニックの名医に相談して再度手術を行うことをお勧めします。乳房吊り上げ術(マストペクシー)の名医の場合、傷を目立たなくしてかつ乳輪の形をいびつにせず、高度な技術が施されます。

乳房吊り上げ術(マストペクシー)受けるならココ!評判の良いクリニック

乳房吊り上げ術(マストペクシー)は、加齢や授乳などによって垂れ下がったバストをハリのある若々しいバストに整える施術です。たるみがそれほどひどくない場合は、バッグや脂肪注入でも対応できますが、重度の場合は乳房吊り上げ術(マストペクシー)が効果的です。バストの手術で後悔しないためには、要望をきちんと医師に伝えることが重要です。そのためには、カウンセリングを丁寧に行ってくれる病院を探すことをおすすめします。

乳房吊り上げ術(マストペクシー)を行っている病院には、高いスキルと専門知識を備えた医師が、理想的なバストを実現できるよう、最善の術式を提案してくれる名医もおります。そして、仕上がりイメージはシミュレーションなどで確認することができます。

例えば極細縫合糸を使用することで、できるだけ傷跡が残らないような術式を開発し、学会でも注目を浴びている病院もあります。そして、カウンセリングでは、経験豊富な医師が症例写真を見せながら、丁寧に説明を行います。

乳房吊り上げ術(マストペクシー)を行う医師には、高度な技術と豊富な経験が必要とされます。未熟な医師が担当すると、思ったような仕上がりにならなかった、バストのたるみが改善されていない、痛みが続く、傷跡が目立つなどの失敗やトラブルが発生する場合があります。失敗した場合は修正する必要がありますが、バストの修正は容易ではありません。リスクを回避するためには、評判が良く、優秀な医師がいる病院を選ぶことが重要です。

乳房吊り上げ術(マストペクシー)を行っている病院で乳房吊り上げ術(マストペクシー)を受けると、100万円以上の平均的な費用がかかります。安い費用を提示している病院では、医師が未熟であったり、最新の設備が導入されていなかったり、衛生面で問題があったりする場合があります。そのため、病院を選ぶ際は、費用で選ぶのではなく、高度な技術と豊富な経験を併せ持つ医師がいる病院を選ぶことをおすすめします。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*