豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

【口コミ・体験談】セリューション豊胸でバストアップしました。

セリューション豊胸の口コミ・体験談プロフィール

32歳、女性、ファッション関係販売員、一年前に、セリューション豊胸手術を受けました。

【口コミ・体験談】セリューション豊胸でバストアップしました。

セリューション豊胸の手術前のコンプレックス(症例)を教えてください

ずっと貧乳に悩んでいて、バストアップに関するケアは手当たり次第に行いましたが、結局パットの厚いブラをするしかありませんでした。でも服を脱いだらとてもみじめで、コンプレックスに感じており、男性と深い付き合いになるのが不安で仕方がありませんでした。

セリューション豊胸は評判の病院・良いクリニック・名医をどう探しましたか?

豊胸手術にはもっと簡単なものがありましたが、できるだけ身体に負担がなく、効果が長続きするものが良かったので、 セリューション豊胸を選びました。ただこの術式を扱っているクリニックが限られていて、比較はあまり出来ませんでしたが、ネットで見つけたクリニックでカウンセリングを受け、その説明で安心できました。

セリューション豊胸は成功と失敗どちらでしたか?

一年たっても施術後の膨らみが維持できているので、大満足しています。触れた感じも、横になった感じも、全て本物の胸と変わりません。男性とのお付き合いにも自信が持てるようになり、私に取っては運命が変わりました。

セリューション豊胸の実際の値段・費用は、予算料金と比べ、高い?安い?

セリューション豊胸はやはり格段に手術費用が高いです。もっと安い豊胸手術もありますが、メンテナンスや身体への負担、不自然さを考えると、これがベストだったと思っています。本物の脂肪で成長させているので高いとは思えません。

セリューション豊胸のダウンタイム中は腫れと内出血はありましたか?

術後は吸引部のひきつれなどを感じることもありましたが、それほど不安はありませんでした。傷もそれほどわからず、内出血なども見られません。豊胸手術なので腫れもそれほど感じられませんでした。徐々にバストアップする感じです。

セリューション豊胸のリスク・トラブル・デメリットはありましたか?

セリューション豊胸のデメリットといえば、やはり高額であるということに尽きるのではないでしょうか。その点ではずいぶん悩みましたが、自分の幹細胞を使うということで、リスクやトラブルは最小に抑えることが出来ます。

セリューション豊胸の修正やアフターケア・メンテナンスは必要ですか?

施術から一年たちますが、今のところバストがしぼんでしまったということもなく、バストアップしたまま定着しています。修正も、メンテナンスも必要なく、もう自分の胸が小さかったことを忘れつつあります。

さいごに、セリューション豊胸の効果やメリットはありましたか?

死ぬほど悩んでいた貧乳を改善することができ、満足しています。かなりお金はかかりましたが、身体に異物を入れているわけでもなく、自分の組織なので安全性が高いという点でも安心です。ずっとバストアップアイテムを買い続けること、ケアをし続けることを考えれば、思いきって手術してよかったです。

豊胸・バスト整形の名医相談所


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

“【口コミ・体験談】セリューション豊胸でバストアップしました。” への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    セリューションやコンデンスリッチの豊胸手術を考えているんですが、脂肪吸引での脂肪の取りすぎで直後から窪んでいるのは問題外ですが、3年くらいは良かったけど窪んできたなどの話を見聞きすると不安になります。

  2. 匿名 より:

    豊胸経験がない人がセリューション豊胸やコンデンスリッチ豊胸をすると皮膚が伸びていないから定着しにくいと聞いたことがあって、それで最初はバックにしたほうがいいのかなと思ったんですが、バックは傷跡が大きくて目立ちそうだしかたくなりそうで迷ってます(;_;)

  3. 匿名 より:

    コンデンスリッチファット豊胸術、セリューション豊胸術など、脂肪由来幹細胞の効果に頼った豊胸術やシワ取りなどの施術を受けた結果、左右非対称になってしまった、でこぼこになった、大きなしこりができたなどを耳にします。

    また、カウンセリングの際に先生に脂肪吸引するとボコボコになると聞いたと訪ねたら、手で触ると分かると思いますとおっしゃっていたので気になります。

    きちんとデメリットもお話しいただいたのだとは思いますが。
    どの治療が最善なんですかね・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*