豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入の術後

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入の経過

バストアップ、豊胸手術の効果、仕上がりとして気になるのが経過です。シリコンバッグ、脂肪注入(コンデンスリッチ、セリューションシステム、幹細胞脂肪注入、入れ替え)、ヒアルロン酸などの手術の違いによりバストのカタチは変化があります。

例えば、脂肪注入では、精密なバストデザインが出来る代わりに大きなバストアップは望みづらい整形方法です。対して、シリコンバッグによるバストアップでは、大きな変化は出せますがラウンド型かアナトミカル型かを選択してバストアップとなります。

カウンセリングの段階で十分に注意して、ドクターと相談する必要があります。

バストアップ(豊胸)の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入の経過 症例写真

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入の経過 失敗・修正・再手術

豊胸・バストアップの美容整形はバストアップ、豊胸手術はシリコンバッグ、脂肪注入(コンデンスリッチ、セリューションシステム、幹細胞脂肪注入)、ヒアルロン酸などが考えられます。

経過の修正・治療・再手術としては、脂肪注入であれば再注入を行ったり、しこりが出来てしまった部分にはステロイド注射をする事で形を整える事が出来ます。シリコンバッグに関しては破損などが 起こった段階でもカタチが崩れない優秀なバッグが出ていますが、何らかの理由によりカタチが崩れてしまった場合には、抜去を行います。その際、拘縮などに注意をして、デザイン出来る名医を選択しなければなりません。

技術が低いクリニック・ドクターで手術をしてしまうと入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなってしまいます。
是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入の術後 美容整形・手術・治療

バスト・豊胸の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

その他のバスト・豊胸の美容整形の種類については下記をご参照ください。

コンデンスリッチ豊胸 セリューション豊胸 ピュアグラフト豊胸 VARER併用幹細胞豊胸 脂肪注入法 人工乳腺バッグ 豊胸バッグ 豊胸プロテーゼ シリコンバッグ豊胸 豊胸インプラント 豊胸バッグ抜去・入れ替え ヒアルロン酸注入 乳頭縮小術 乳輪縮小術 陥没乳頭 乳房縮小術(リダクション) エンドプロテーゼ ハイブリッド豊胸 コンポジット豊胸 PPPジェル豊胸 乳腺下法での豊胸 大筋膜膜下法での豊胸 大筋膜下法での豊胸 レイヤースイッチ法 ラウンド型の豊胸バッグ アナトミカル型の豊胸バッグ スムースタイプの豊胸バッグ テクスチャードタイプの豊胸バッグ ハイブリッド豊胸バッグ 生理食塩水 コヒーシブシリコンバッグ ナトレル(バイオセル) メモリージェル CMCバッグ モティバエルゴノミックス(Motiva) エンジェルバッグ 脇から挿入する豊胸バッグ 乳輪周囲から挿入する豊胸バッグ 乳房下縁(アンダーバスト)から挿入する豊胸バッグ

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入の術後 効果・仕上がり・アフターケア

バスト・豊胸の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、バストの形状・傷跡・触感を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

特にバスト・豊胸の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

バストアップ・豊胸手術の整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入の術後 トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

バスト・豊胸の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

バスト・豊胸の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

バスト・豊胸の美容整形のその他のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。

しこり 感染(化膿) リップリング 被膜拘縮(カプセル拘縮) 定着率(生着率) カタチ(左右差) たるみ 傷跡 除去 入れ替え 破損 段差 冷たい 触感(硬い) 皮膚壊死 石灰化 乳がん検診 不自然な隆起 バストの位置・大きさが不自然 希望のサイズ バッグの輪郭が浮き出る 胸の中でバッグが動く 感覚麻痺 血が溜まる 中縫いの糸が出てくる 出血 テープかぶれ バストが小さい バストを大きくしたい

バストアップ(豊胸)の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*