豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

コンデンスリッチ豊胸の修正の原因3つ

コンデンスリッチ豊胸の修正

このページではコンデンスリッチ豊胸について、マル秘情報を提供しています。

コンデンスリッチ豊胸の失敗を修正する場合は、症例数の多い医師による修正施術を受ければきれいに修正できる可能性があります。

コンデンスリッチ豊胸の修正

小嶋陽菜と同じバストになるための整形とは?

小嶋陽菜はアイドルとしてでなく、モデルとしても活躍をしている人です。

特に注目したいのが、下着のモデルをしているときの、美しいバストです。

彼女のようなスタイルに憧れて豊胸手術を検討している人も少なくありません。

彼女のようなバストになるための方法には、いくつかの選択肢があります。

どの方法が最も効果的であるかについては、医師と相談していくことが大切です。

元の状態や、そこからの手術には正しい知識と高度な技術力が必要となります。

大幅なカップ数の変化を求めるのであれば、豊胸バッグの挿入が必要です。

シリコンバッグ豊胸など、人工的なバッグを挿入することで、希望するカップ数まで大きくすることができます。
切開手術となるので、傷跡が残るリスクなどは伴います。

医師によって切開する位置や、切開する幅などの提案方法が異なるので、自分が納得の出来る方法で行うことが大切です。
切開することに抵抗がある場合には、脂肪注入豊胸があります。

これは注射によって脂肪を注入することで、サイズアップをさせる方法です。

脂肪は体内に注入されても拒絶反応が少なく、切開をしない方法なので体への負担が軽減できるというメリットがあります。
しかし、脂肪は非常に吸収率が良いので、元の状態に戻ってしまうというリスクもあります。

これを軽減したものが、コンデンスリッチ豊胸です。

脂肪の処理方法を改善したもので、より定着率をアップした素材になります。

脂肪の処理の仕方が異なるだけで、注射によって体内に注入する点は変わらないので、安全性と効果がよりアップした素材になります。

どのような方法で手術をしたほうが良いのか、またどのくらいの期間でメンテナンスを行う必要があるかなど、事前にきちんと確認しておきましょう。

コンデンスリッチ豊胸の修正のマル秘とは?

コンデンスリッチ豊胸の美容整形についてまとめます。

コンデンスリッチ豊胸の修正のマル秘その1 変化・効果が無い

コンデンスリッチ豊胸をしても変化・効果が無い場合には、再度コンデンスリッチ豊胸をすることで修正が可能です。

コンデンスリッチ豊胸の修正のマル秘その2 しこり

コンデンスリッチ豊胸はメリットの多い豊胸法ですが、施術する医師の経験や知識が不足していると、脂肪がしこりになってしまうことがあります。脂肪がしこりになってしまうのは、脂肪吸引の際に太い管を使用したとか、注入する脂肪の量が適切でなかったというようなことが原因です。

修正としてはステロイド注射をすることでしこりを溶かす治療ができます。

コンデンスリッチ豊胸の修正のマル秘その3 生きた脂肪で定着しない

脂肪のかたまりが大きすぎると、脂肪細胞が生きた状態で周りの組織に定着することができなくなるのです。これを修正するには、超音波の振動により問題の箇所の脂肪を柔らかくして吸引するという方法があります。その後改めてコンデンスリッチ豊胸施術をし直せば、美しい形の胸に修正することができます。

コンデンスリッチ豊胸の名医のご相談はこちら

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*