豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

コンデンスリッチ豊胸の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

小嶋陽菜と同じバストになるための整形とは?

小嶋陽菜はアイドルとしてでなく、モデルとしても活躍をしている人です。

特に注目したいのが、下着のモデルをしているときの、美しいバストです。

彼女のようなスタイルに憧れて豊胸手術を検討している人も少なくありません。

彼女のようなバストになるための方法には、いくつかの選択肢があります。

どの方法が最も効果的であるかについては、医師と相談していくことが大切です。

元の状態や、そこからの手術には正しい知識と高度な技術力が必要となります。

大幅なカップ数の変化を求めるのであれば、豊胸バッグの挿入が必要です。

シリコンバッグ豊胸など、人工的なバッグを挿入することで、希望するカップ数まで大きくすることができます。
切開手術となるので、傷跡が残るリスクなどは伴います。

医師によって切開する位置や、切開する幅などの提案方法が異なるので、自分が納得の出来る方法で行うことが大切です。
切開することに抵抗がある場合には、脂肪注入豊胸があります。

これは注射によって脂肪を注入することで、サイズアップをさせる方法です。

脂肪は体内に注入されても拒絶反応が少なく、切開をしない方法なので体への負担が軽減できるというメリットがあります。
しかし、脂肪は非常に吸収率が良いので、元の状態に戻ってしまうというリスクもあります。

これを軽減したものが、コンデンスリッチ豊胸です。

脂肪の処理方法を改善したもので、より定着率をアップした素材になります。

脂肪の処理の仕方が異なるだけで、注射によって体内に注入する点は変わらないので、安全性と効果がよりアップした素材になります。

どのような方法で手術をしたほうが良いのか、またどのくらいの期間でメンテナンスを行う必要があるかなど、事前にきちんと確認しておきましょう。

コンデンスリッチ豊胸の修正

上手な医師・クリニックの特徴

コンデンスリッチ豊胸術は、自然なバストを作り出すことができる画期的な美容術である反面、医師が技術不足である場合もありますので、上手な医師を選ばなければなりません。

また自分の身体の一部の脂肪を再利用するのですが、太ももや、おしりなどの脂肪を使用した場合、吸引した部位の皮膚に凹凸ができてしまったり、シワがよってしまうこともありますので、注意する必要があるでしょう。

また採取後の脂肪も、空気に触れただけで汚染されてしまったり、弱くなってしまうため、吸引後の脂肪の管理も重要です。

最新の設備を整っているクリニックの場合、空気中の菌やほこりなどに触れないように細心のマシーンを使用して、健康で強い脂肪細胞のみを取り出すことができますので、医師の技術力ももちろん大切なのですが、コンデンスリッチ豊胸に必要な十分な設備が整っているかどうかも、非常に大切でしょう。

古くなったり、汚染された脂肪を使うと、せっかく豊胸修正を行ってしまっても、石灰化ししこりが出来てしまったり、脂肪が壊死してしまうなどのトラブルを引き起こすことがありますので、注意しなければなりません。

また脂肪を注入する際に、合併症も起こりやすくなりますので、コンデンスリッチ豊胸が得意な医師を探しましょう。

コンデンスリッチ豊胸の手術で起こり得るトラブル

このページではコンデンスリッチ豊胸について、マル秘情報を提供しています。

コンデンスリッチ豊胸は自分自身の体から不要な部分の脂肪を抽出して、乳房に注入するという施術法です。

人工物を使わないので拒否反応もなく、安全性に優れた豊胸法として高い評価を受けています。したがって、コンデンスリッチ豊胸術が失敗したというケースでは、ほとんどの場合ドクターの技量不足が原因と考えられています。

コンデンスリッチ豊胸が定着しない失敗もあり得ます。

コンデンスリッチ豊胸の失敗を修正する場合は、症例数の多い医師による修正施術を受ければきれいに修正できる可能性があります。

コンデンスリッチ豊胸の失敗

コンデンスリッチ豊胸の失敗例

コンデンスリッチ豊胸の美容整形についてまとめます。「コンデンスリッチ豊胸の失敗例。でこぼこ状態になるってどういうこと?」などのよくあるご質問が解消する様に、解説いたします。

しこり・石灰化することがある

コンデンスリッチ豊胸は、シリコンなどの人工物よりもリスクが少ないと言われていますが、しこり・石灰化することがあります。これには、3つの理由が考えられます。

まずは、不純物を十分に除去できていないために、しこり・石灰化することです。次は、少量ずつ注入せずにまとめて脂肪を注入することで、脂肪が塊になることです。最後は、安全域以上の脂肪を注入したために、脂肪の密度が高くなり、しこりになることです。

もしもコンデンスリッチ豊胸施術を受けて失敗したと思われる場合は、CRF認定医師のもとで修正施術を受けることも一つです。ただし、CRF認定医師であれば、技術的に安全という事ではありません。

失敗によってできたしこりなども適切な脂肪吸引によって除去し、あらためて再生豊胸術を行うことができる名医が良いと思っておりまして、細分化注入の技術を習得している名医をおすすめします。

定着しない・吸収されることがある

コンデンスリッチ豊胸は、患者本人の脂肪を使用するので安全性が高い豊胸手術と言われています。しかしながら、定着しない・吸収されるリスクがあります。これは、脂肪を塊のまま注入することが原因で起こると考えられます。

ある一定の大きさ以上の脂肪を注入すると、中心部にまで栄養が行き渡らず、しこりになったり、脂肪壊死に至ることがあります。そうなると、注入した部分に脂肪が定着せずに、吸収されてしまいます。幹細胞を使用しても医師の技術力が低いと失敗してしまいます。

脂肪を採取した部位がでこぼこになる場合がある

コンデンスリッチ豊胸は、患者本人の脂肪を注入するので、豊胸手術をする前に、まず脂肪を採取しなければいけません。この時、脂肪を取り過ぎると、採取した部位がでこぼこになる場合があります。

脂肪をどれくらい採取するのかということと、採取した部分をきれいに仕上げることは、担当する医師の経験と技量にかかっています。最新の医療機器を使用していても、医師の豊富な経験と高い技術なしには、手術の成功は望めません。

コンデンスリッチ豊胸 失敗

コンデンスリッチ豊胸の修正のマル秘とは?

続いてコンデンスリッチ豊胸の修正の原因のベスト3をまとめます。

コンデンスリッチ豊胸の修正のマル秘その1 変化・効果が無い

コンデンスリッチ豊胸をしても変化・効果が無い場合には、再度コンデンスリッチ豊胸をすることで修正が可能です。

コンデンスリッチ豊胸の修正のマル秘その2 しこり

コンデンスリッチ豊胸はメリットの多い豊胸法ですが、施術する医師の経験や知識が不足していると、脂肪がしこりになってしまうことがあります。脂肪がしこりになってしまうのは、脂肪吸引の際に太い管を使用したとか、注入する脂肪の量が適切でなかったというようなことが原因です。

修正としてはステロイド注射をすることでしこりを溶かす治療ができます。

コンデンスリッチ豊胸の修正のマル秘その3 生きた脂肪で定着しない

脂肪のかたまりが大きすぎると、脂肪細胞が生きた状態で周りの組織に定着することができなくなるのです。これを修正するには、超音波の振動により問題の箇所の脂肪を柔らかくして吸引するという方法があります。その後改めてコンデンスリッチ豊胸施術をし直せば、美しい形の胸に修正することができます。

修正は可能?コンデンスリッチ豊胸の真実

コンデンスリッチ豊胸は豊胸手術の一つで、自分の理想のバストラインに修正することができる豊胸手術術の一つです。

コンデンスリッチ豊胸は、自分の身体にあるお尻やお腹まわりなどの脂肪を吸引し、しこりなどのトラブルになってしまう死活細胞や老化細胞などの不純物を取り除いてから、細胞を濃縮させて、新鮮なコンデンスリッチファットのみを胸の部分に吸入していきます。

従来の豊胸手術と比べると、脂肪の定着率や高く石灰化がおこりにくくなりますので、理想のバストラインに修正しやすくなります。

現代の画期的な手術法であるコンデンスリッチ豊胸なのですが、医師の技術不足により、しこりが出る失敗例があります。

やわらかな理想的なバストの感触が理想ですが、固くなってしまったり、胸に異物感を感じるような失敗例もあります。

しこりが石灰化することによってバストの形がいびつになってしまったり、固い部分があることで、人に気づかれることもあるかもしれません。

また自分自身にとってもコンデンスリッチ豊胸が失敗してしまうと、異物感がありますので、常に異物が入っているのではないかと、精神的な負担が術後からずっと続きますので、精神状態にも影響を与えることもあるでしょう。

コンデンスリッチ豊胸の名医のご相談はこちら

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

医師の技術不足による失敗

CRF認定医師であっても、コンデンスリッチ豊胸を失敗してしまうことがあります。失敗したときは名医を選択して相談をした方が良いです。コンデンスリッチ豊胸は技術の高いドクターが行うべきものですが、技術が低い研修医が施術を行っているクリニックも存在しているのです。

症例数が多く、高い技術を持つ名医を選ぶことが重要

コンデンスリッチ豊胸は、安全性が高い豊胸手術です。しかしながら、十分な経験がなく、技術力も未熟な医師の場合は、失敗やリスクが発生する可能性が高くなります。

想定される失敗やリスクには、採取した部位がでこぼこになる、脂肪を注入する際もまとめて注入したり、限度以上の量を注入したりすることで、石灰化・しこりになるなどがあります。

これらのリスクや失敗を回避するためには、症例数が多く、高い技術を持つ名医を選ぶことが重要です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

コンデンスリッチ豊胸による修正手術を行うには、手術を行うための最新の設備を導入しているクリニックを選ぶ必要があります。

また脂肪注入豊胸の実績数の多いクリニックや、豊胸施術を専門に行っているクリニックを選ぶことも必須条件でしょう。

コンデンスリッチ豊胸は人気のある豊胸手術の一つですが、失敗例もいくつかありますので、失敗しないためにも、クリニックは慎重に選ぶことが重要です。

手術費用も高額ですが、その代わり、定着率やバストアップ効果は他の豊胸手術と比べると最も美容整形効果が高く、クリニック選びに間違えなければ安全に行うことができるでしょう。

また片側だけでも300cc以上の脂肪が必要になりますので、両乳房で600ccの脂肪が必要になりますので、脂肪吸引した部分なども含めて身体に負担がかかりますので、安全で信頼できるクリニックで行う必要があります。

当相談所では、コンデンスリッチ豊胸手術が上手で、実績数の多い、信頼できるおすすめのクリニックをご紹介しています。

コンデンスリッチ豊胸手術を行ってみたい方や、不安がある方、上手な医師のいるクリニックはどこなのかわからない方は、是非、当相談所にご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*