豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

コンデンスリッチ豊胸の失敗

コンデンスリッチ豊胸の失敗

このページではコンデンスリッチ豊胸について、マル秘情報を提供しています。

コンデンスリッチ豊胸は自分自身の体から不要な部分の脂肪を抽出して、乳房に注入するという施術法です。人工物を使わないので拒否反応もなく、安全性に優れた豊胸法として高い評価を受けています。したがって、コンデンスリッチ豊胸術が失敗したというケースでは、ほとんどの場合ドクターの技量不足が原因と考えられています。

コンデンスリッチ豊胸が定着しない失敗もあり得ます。

コンデンスリッチ豊胸の失敗

コンデンスリッチ豊胸の失敗例

コンデンスリッチ豊胸の美容整形についてまとめます。「コンデンスリッチ豊胸の失敗例。でこぼこ状態になるってどういうこと?」などのよくあるご質問が解消する様に、解説いたします。

しこり・石灰化することがある

コンデンスリッチ豊胸は、シリコンなどの人工物よりもリスクが少ないと言われていますが、しこり・石灰化することがあります。これには、3つの理由が考えられます。

まずは、不純物を十分に除去できていないために、しこり・石灰化することです。次は、少量ずつ注入せずにまとめて脂肪を注入することで、脂肪が塊になることです。最後は、安全域以上の脂肪を注入したために、脂肪の密度が高くなり、しこりになることです。

もしもコンデンスリッチ豊胸施術を受けて失敗したと思われる場合は、CRF認定医師のもとで修正施術を受けることも一つです。ただし、CRF認定医師であれば、技術的に安全という事ではありません。

失敗によってできたしこりなども適切な脂肪吸引によって除去し、あらためて再生豊胸術を行うことができる名医が良いと思っておりまして、細分化注入の技術を習得している名医をおすすめします。

定着しない・吸収されることがある

コンデンスリッチ豊胸は、患者本人の脂肪を使用するので安全性が高い豊胸手術と言われています。しかしながら、定着しない・吸収されるリスクがあります。これは、脂肪を塊のまま注入することが原因で起こると考えられます。

ある一定の大きさ以上の脂肪を注入すると、中心部にまで栄養が行き渡らず、しこりになったり、脂肪壊死に至ることがあります。そうなると、注入した部分に脂肪が定着せずに、吸収されてしまいます。幹細胞を使用しても医師の技術力が低いと失敗してしまいます。

脂肪を採取した部位がでこぼこになる場合がある

コンデンスリッチ豊胸は、患者本人の脂肪を注入するので、豊胸手術をする前に、まず脂肪を採取しなければいけません。この時、脂肪を取り過ぎると、採取した部位がでこぼこになる場合があります。

脂肪をどれくらい採取するのかということと、採取した部分をきれいに仕上げることは、担当する医師の経験と技量にかかっています。最新の医療機器を使用していても、医師の豊富な経験と高い技術なしには、手術の成功は望めません。

コンデンスリッチ豊胸 失敗

コンデンスリッチ豊胸の名医のご相談はこちら

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

医師の技術不足による失敗

CRF認定医師であっても、コンデンスリッチ豊胸を失敗してしまうことがあります。失敗したときは名医を選択して相談をした方が良いです。コンデンスリッチ豊胸は技術の高いドクターが行うべきものですが、技術が低い研修医が施術を行っているクリニックも存在しているのです。

症例数が多く、高い技術を持つ名医を選ぶことが重要

コンデンスリッチ豊胸は、安全性が高い豊胸手術です。しかしながら、十分な経験がなく、技術力も未熟な医師の場合は、失敗やリスクが発生する可能性が高くなります。

想定される失敗やリスクには、採取した部位がでこぼこになる、脂肪を注入する際もまとめて注入したり、限度以上の量を注入したりすることで、石灰化・しこりになるなどがあります。これらのリスクや失敗を回避するためには、症例数が多く、高い技術を持つ名医を選ぶことが重要です。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*