豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

コンデンスリッチ豊胸のデメリット5つのまとめ

コンデンスリッチ豊胸のデメリット

このページではコンデンスリッチ豊胸について、マル秘情報を提供しています。

コンデンスリッチ豊胸とは、脂肪注入による豊胸術のひとつです。自分の身体から吸引した脂肪を、外気に触れさせず遠心分離することで、しこりの原因となる不純物を取り除いて濃縮した脂肪を注入します。コンデンスリッチ豊胸のデメリットは、豊胸手術に加え、脂肪吸引も行わなければならないことです。

またコンデンスリッチ豊胸は生着率が高いといわれていますが、生着せずに吸収されてしまう可能性もあります。さらに他の豊胸術と比較すると、費用がやや高めなのもデメリットして挙げられることがあります。

コンデンスリッチ豊胸のデメリット

コンデンスリッチ豊胸のデメリットのマル秘とは?

コンデンスリッチ豊胸の美容整形についてまとめます。

カニューレの跡・傷

脂肪吸引による体の痛みや、カニューレの跡・傷などのリスク・デメリットがあります。

痩せ型の方は受けられない

自分の身体から脂肪を吸引するため、痩せている方は、コンデンスリッチ豊胸を受けられない場合があります。

生着率しない

定着しない・吸収されるというデメリット。

コンデンスリッチ豊胸には、せっかく注入した脂肪が定着しない・吸収される可能性があるというデメリットもあります。

自分の体から吸引した脂肪は、シリコンバッグのような異物とは違い、胸に入れた分だけ大きくなるというものではありません。

注入した直後にはバストが希望したとおりに大きくなったように見えても、定着しないことがあり得ます。時間が経つにつれて段々と体内に吸収されてしまい、バストが小さくなってしまうのです。

未然に防げる?コンデンスリッチ豊胸によって「でこぼこ」になるデメリット

脂肪を吸引した部位がでこぼこ(凸凹)になるというデメリットをまとめます。

コンデンスリッチ豊胸のデメリットは、バスト自体に生じるものだけではありません。胸に注入する脂肪は自分の体の別の部位から吸引して採取するのですが、その吸引する部位に問題が生じる場合があるのです。

それは脂肪の吸引の際の技術が高くなかったり、無理な量の脂肪を吸引することにより、皮膚がでこぼこしたように見えてしまうという問題です。いくらバストが大きくなったとしても、他の部位がみっともなく見えてしまっては困りものだと言えるでしょう。

しこり・石灰化が起こるというデメリット

バストアップのための豊胸法として、自分自身の体の脂肪を注入するため、体への負担図少ない上に、シリコンバッグの挿入よりも胸が自然に見えるとされる、コンデンスリッチ豊胸が大きな注目を受けています。

しかしコンデンスリッチ豊胸には、注入した脂肪が体内で固まってしまい、しこり・石灰化が起こる恐れがあるというデメリットがあります。そういった問題が生じるのは、脂肪の中に死活細胞や老活細胞、不純物などが混ざっているためです。

コンデンスリッチ豊胸の名医のご相談はこちら

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

トラブルを回避するには名医への相談が有効

コンデンスリッチ豊胸には、脂肪の死活などによりしこり・石灰化が生じたり、定着しない・吸収されることにより、施術の直後には大きくなったように見えたバストがだんだん小さくなったり、脂肪を吸引した部位にでこぼこが生じたりするおそれがあります。

そのようなトラブルを回避するためには、高い技術を持つ名医を選ぶことが肝心です。
当相談所では名医の美容外科を紹介していますので、コンデンスリッチ豊胸に関心のある方はお気軽にご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*