豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムのポイント3つ解説

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイム

このページではコンデンスリッチ豊胸について、マル秘情報を提供しています。

コンデンスリッチ豊胸は脂肪注入による豊胸術の1つです。一旦自身の体から取り出した脂肪細胞を遠心力・フィルター掛けを行う機械を通して不純物を濾過し、この工程を経た脂肪細胞のみを胸部に注入する事によって定着性と持続性の向上を図った施術となります。 施術過程で注入行為が入る事から、ダウンタイムに関しては少々長くなりがちで、概ね2週間程度を見込む事となります。

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイム

ローラ (モデル)のようなバストに整形したい!

ローラ (モデル)は、もともとモデルとして活躍していましたが、キャラクターのかわいらしさや顔やスタイルの良さから、最近では海外にも進出して活躍の場を広げています。

そんな彼女のスタイルに憧れて、彼女と同じようなバストにしたいと美容整形手術を検討する人もいます。
ローラ (モデル)のようなバストにするためには、いくつかの方法が考えられます。

元の胸の大きさによっても、手術方法が異なるので、担当の意思と丁寧に相談していく必要があります。
手軽に行うことが出来るのが、脂肪注入豊胸です。

これは、採取した脂肪を大きくしたい部分に注射で注入することで、ふっくらとしたシルエットに変化させることができます。
注入するものが脂肪なので、体への負担が少なく、また拒絶反応も出にくいというメリットがあります。

しかし、その分体への吸収率も良く、定着しにくいというデメリットがありました。
これを改善したのが、コンデンスリッチ豊胸です。

基本的な仕組みは脂肪注入豊胸と同じですが、採取した脂肪からより不純物を取り除いたものがコンデンスリッチ豊胸です。

この処理によって、吸収率を低下させることが出来るので、定着率がアップするというメリットがあります。

しかし、この二つの方法は、大幅なカップ数のアップは困難です。

大幅なカップ数のアップをしたい場合には、シリコンバッグ豊胸などの、豊胸バッグを使用した豊胸手術が必要です。

豊胸バッグを使用した豊胸手術であれば、バッグの大きさを調節することで、希望するサイズのバストを作ることが出来ます。

しかし、切開手術となるので傷跡が残るリスクや、長期間挿入していると癒着してしまうなどのリスクもあるので、きちんとメリット・デメリットを理解して行いましょう。

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムのマル秘とは?

コンデンスリッチ豊胸の美容整形についてまとめます。

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムのマル秘その1 圧迫固定

脂肪吸引を行った部分に関しても2~3日間の圧迫が必要となります。

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムのマル秘その2 痛み

個人差はあるものの術後に短期間ながら痛みが生じる可能性もあります。 とは言え前述のように定着性が高く、施術自体は麻酔を用いて行う比較的安全なもので2~3時間程度で済む為、選び易い施術法である事から注目を浴びています

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムのマル秘その3 腫れ

腫れは約2週間程度続きます。

コンデンスリッチ豊胸の名医のご相談はこちら

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*