豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

120万円!?コンポジット豊胸にかかる料金相場は?

美容外科で受けられる豊胸施術では、バッグを挿入するのが一般的です。とても高い効果が得られる方法で、昔から人気がありますが、見た目や感触に不自然さがあるというのがデメリットでした。しかし、コンポジット豊胸という手術を受ければ、そのデメリットを回避しやすくなります。自然な仕上がりを得意とする豊胸手術で、注目を集めています。

コンポジット豊胸の料金相場については、普通のバッグ挿入の方法よりも、高額であることが目立ちます。だいたい120万円くらいとなっています。安いものなら100万円くらいでも利用できます。高いものであれば200万円くらいで、安い料金の倍ほどかかるようになっています。

料金相場の違いは、施術の内容の差で生まれるようになっています。コンポジット豊胸では、脂肪注入による豊胸施術も同時に行われますが、この脂肪注入の技術によって、金額が安くなったり高くなることが多くなっていますので、その点を重視して選ぶようにしましょう。

コンポジット豊胸にかかる料金

コンポジット豊胸の料金相場

比較的安い料金相場のコンポジット豊胸の内容は、一般的な脂肪注入法が用いられます。バッグの品質を少し上げたい場合だと、数万円ほど上乗せになります。

120万円くらいの相場であれば、脂肪注入にピュアグラフトと呼ばれる技術を使ってくれる美容外科があります。一般的な脂肪注入に使われる脂肪細胞よりも、純度の高い脂肪細胞を用いる方法です。定着率が高いため、失敗するリスクが少ない豊胸手術を受けることが可能です。

200万円もの料金設定になっているコンポジット豊胸の場合には、幹細胞を利用した脂肪注入が行われます。豊胸施術を受けると、確率は低いものの、しこりができてしまうことがあります。このしこりのリスクを下げられるのが、幹細胞を使った脂肪注入です。
幹細胞を胸に注入すれば、細胞が活性化し、たくさんの栄養が胸へといきわたってくれます。このおかげで、健康的な胸をより大きく作り出すことが可能です。
このような脂肪注入の技術の差が、コンポジット豊胸の料金相場に反映されています。

コンポジット豊胸にかかる料金相場は?

コンポジット豊胸を受けるならどこがおすすめ?

美容外科では様々な豊胸手術が行われています。その中でも最近、話題となっているのが「コンポジット豊胸」です。コンポジット豊胸は豊胸バッグと、脂肪注入法という2つの豊胸手術のいいとこどりをした施術法と言われています。

人工シリコンと自分の脂肪をバストに入れる事で、バストアップする豊胸手術となっています。
しっかりバストアップしつつ、自分の脂肪も使うので見た目や触り心地はとても自然です。
また、脂肪注入法では思ったようにバストアップ出来なかった方でも、人工シリコンと併用する事で確実にバストアップが可能です。豊胸バッグで起こりがちな、しこりや拘縮などのリスクも低いと言われています。

また、脂肪注入法は体に脂肪が吸収されると、元のバストサイズに戻ってしまいますが、コンポジット豊胸なら半永久的にバストのサイズをキープ出来ます。このように豊胸バッグと脂肪注入法のメリットを、合わせたのがコンポジット豊胸なのです。

安い病院だと80万円!?

コンポジット豊胸は豊胸バッグと、脂肪注入法のメリットを掛け合わせた豊胸手術です。
安いクリニックであれば、約80万円程の料金で施術を受けられます。
豊胸バッグは挿入したシリコンでバストに段差が出来たり、触り心地などが不自然になりがちです。

また脂肪注入法は痩せ形の方だと、十分な脂肪が取れず思ったようにバストアップ出来ません。
コンポジット豊胸なら人工シリコンでしっかりバストアップでき、自分の脂肪を注入する事で自然なバストを作れます。

ただ、2つの豊胸手術を掛け合わせた施術法という事もあり、高度な技術が必要となる豊胸手術です。
失敗してしまうとバストの形が崩れたり、左右でサイズが違う、また脂肪を吸引した部分に傷跡が残ったり、皮膚がデコボコになるなどの症状が現れます。

このような失敗のリスクを少しでも下げて、安心して施術を受けるにはクリニック選びを慎重に行う必要があります。コンポジット豊胸を受ける際は、評判の良いクリニックを選びましょう。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*