豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

コンポジット豊胸のリスクとして知っておくべきこと

コンポジット豊胸とは、バッグ挿入法と脂肪注入法を併用する豊胸術のことです。
バッグ挿入法では豊胸バッグと呼ばれる人工物を乳房に挿入することでバストアップすることができ、半永久的に機能させることができますが人工物であるため形が不自然になるといったデメリットがあります。また経年による劣化もあり破損のリスクや周辺にカルシウムが集まることで石灰化する場合もあります。また切開を伴う手術であるため手術時間も長くなります。
一方で脂肪注入法は自身の余っている部分の脂肪を乳房に注入するもので仕上がりが自然といったメリットがありますが、バストアップできる量が限られています。この両者のデメリットを解消したのがコンポジット豊胸術になります。
しかし、コンポジット豊胸はメリットがある一方で豊胸術そのもののリスクがなくなるわけではない点に注意する必要があり、特に2つの豊胸術を組み合わせているためリスクは2倍あると考えるのが妥当です。

コンポジット豊胸のリスクとして知っておくべきこと

コンポジット豊胸のデメリット

コンポジット豊胸のデメリットとしては、取り扱っている美容クリニックが少ないという点です。このため比較的新しい方法であるため経験のある医師が少ないため仕上がりに関するリスクが高いと言えます。
一方で手術そのもののコンポジット豊胸のリスクとしては、バッグ挿入法と脂肪注入法の個々のものあります。バッグ挿入法ではバッグの形が乳房の形に合っていなければ不自然になってしまいます。また将来における劣化や破損の可能性もあるため半永久的に機能するとはいえ、取り出さなければいけない場合になるケースもあります。また脂肪注入法では自身の身体の脂肪細胞を注入することになりますが、上手く脂肪細胞が乳房で機能しなければしこりとなる可能があります。
またコンポジット豊胸の手術自体のデメリットとして、バッグを挿入したあとに脂肪注入を行うため場合によってはバッグを破損させてしまう可能性があります。また2つの施術を同時に行うため施術時間とダウンタイムが長くなり、身体への負担も大きくなります。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*