豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

コヒーシブシリコンバッグの豊胸の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

バストアップの治療はヒアルロン酸注入や脂肪注入の場合はバストに傷をつけずに行うことができますが、大幅なサイズアップは難しい方法です。

大幅にバストアップするのであれば、やはり豊胸バッグの挿入治療が向いています。

コヒーシブシリコンバッグは内容物は粘性の高いシリコンジェルとなっています。

以前は感触が固いこともあり、あまり人気がありませんでしたが、今はソフトタイプのバッグも登場し、より自然な感触が得られるようになっています。

コヒーシブシリコンバッグを挿入するとヒアルロン酸や脂肪注入では難しかった大幅なバストアップが可能となり、理想のバストを手に入れることができます。

とはいえ、こうした治療は本格的な手術となりますので、成功することいだけではなく、失敗してしまった場合のリスクについても知っておきましょう。

体に負担のある治療ですので、治療後の腫れや痛みはプチ豊胸より強くなることは理解しておきたいところです。

従来のシリコンバッグでの豊胸よりも安全

コヒーシブシリコンバッグの豊胸は、従来のシリコンバッグでの豊胸よりも安全で、自然な胸を作ることができる豊胸です。

シリコンバッグにはジェル状のシリコンが入っており、バッグが破損するとジェルなどが流れでて手術が必要でしたが、コヒーシブシリコンバッグの豊胸は、粘着性が高く柔らかいシリコンを使用しているため、万が一バッグが破損しても中身が流れ出ることを防ぐことができます。

コヒーシブシリコンバッグは、ボリュームのある胸を作れて、選択するサイズによっては3カップ以上の大幅なバストアップも可能です。バッグを取り出すこともできるためサイズ修正も容易です。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸は安定したバストアップが可能ですが、異物であるシリコンバッグを挿入するため痛みや危険性がある可能性は否めません。

シリコンバッグを挿入する豊胸術を行なう場合、技術や知識が豊富な信頼できる医師やクリニックに手術をしてもらうことも大切なことです。

事前のカウンセリングなどで豊胸のメリットだけや早急な施術を促すような医師ではなく、メリットの他にアフターケアの方法や、デメリットやリスクなどをきちんと説明する医師やクリニックを選びます。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸って失敗したらどうなるの?

コヒーシブシリコンバッグの豊胸を受けるなら評判の良いこのクリニック

コヒーシブシリコンバッグの豊胸を行うなら、バッグの上下で挿入層を変えられる美容外科クリニックがおすすめできます。

大掛かりな手術をすることができる設備が整えられている美容外科であり、手術中に何らかのトラブルにあったときも、安心できる環境であるため、手術でのリスクを抑えることが可能になっています。

様々な手術法を相談して、このコヒーシブシリコンバッグの豊胸を選び出すことができるような環境になっていて、場合によっては、違う手術を選択してもらうことも可能であり、体に合わせた最良の治療をすることもできます。

大幅なバストアップを達成することが可能であり、手術による傷跡が胸に残るようなことがないため、きれいな胸に仕上げることが可能になっています。

万が一バッグが壊れた時の保障体制も整えられていて、いろいろなリスクについて万全に備えているクリニックであるため、魅力的な治療を実施することが可能になっています。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸は、大幅なバストアップが可能であることや、比較的大掛かりな豊胸手術をするなどの要因で、豊胸手術の中でも高い値段設定になっています。

大幅にバストアップをするには、他に、脂肪を注入していく方法がありますが、1回の治療で大幅なバストアップをすることが難しく、複数の治療を実施しなければならないため、コヒーシブシリコンバッグの豊胸の方が、安い値段で治療をすることが可能になっています。

クリニックによって、独自の手術方法が考案されていて、手術で失敗しないような様々な工夫がされているため、成功率が非常に高くなっています。

満足ができる大きさのバストを手にすることができたという評判が高い治療になっていて、実施する人が増えています。

コンプレックスを解消することができ、普段の生活を充実したものに変えることができるため、とても人気が高まっています。

また、バストだけではなく、脂肪球威などの方法を得意としているクリニック・美容外科では、いろいろな全身のケアもできるため、よい治療を実施できます。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸の失敗例

コヒーシブシリコンバッグの豊胸の失敗例としては、まず痛みや腫れが強く出てしまうことがあげられます。

そしてこうしたバッグの挿入は脇から行うことが多いですが、切開する場所が良くないと傷跡が目立ってしまうこともあります。

さらにコヒーシブシリコンバッグの豊胸もバッグの種類や大きさは実に多くの種類がありますが、体に合わないバッグを選んでしまうと不自然な胸の形となってしまったり、固く仕上がってしまうこともあります。

ヒアルロン酸などのように体内に吸収されることはありませんので、半永久的な効果を得ることができますが、質の悪いバッグを選んでしまったり、医師の技術が十分でないとバッグが破損し、内容物が体内に流出してしまうこともあります。

シリコンバッグは取り出して再手術を行うことはできますが、そうなると体にも負担となりますので、できるだけ一度の施術で成功させることが大切です。

医療機関選びを失敗してしまうとリスクも高まりますので、情報はしっかり調べ、安心して治療できるクリニックを選びましょう。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸って失敗したらどうなるの?

コヒーシブシリコンバッグの豊胸の失敗として起こる可能性のある「リップリング」とは?

バッグ挿入で起こる問題としては多いのがリップリングです。

リッピングはバストの一部が突出したように見えたり、バスト部分が波打ったりしたように見えるというものです。

原因としては、挿入したバッグが本来あるべき形や位置にないことが考えられます。このためバッグの縁が折れていたり、また移動してしまったことで発生します。

リップリングの発生は医師のミスのほか時間が経過すると発生する場合があります。

バッグ挿入で起こるリップリングのリスクを最小限にするためには、医師選びを失敗してはなりません。

バッグの挿入で起こるカプセル拘縮(被膜)とは

コヒーシブシリコンバッグの豊胸は自然な触り心地と安全性の高い方法ですが、異物を体内に挿入することには変わりなく、他のバッグを挿入する豊胸術と同じくカプセル拘縮(被膜)が起こるリスクがあります。

カプセル拘縮(被膜)は、身体がバッグを異物と認識して身体に取り込もうとすることで起こるものでバッグ周辺に被膜を作ってしまう現象です。被膜が作られることでその周辺が固くなり不自然な状態となります。

見た目でバレる・不自然に感じられる

バッグを挿入することでバストアップする豊胸術では、触り心地においては他のバッグ挿入法に比べて有利ですが、見た目でバレる・不自然に感じられるというリスクは変わりありません。

このため施術を受ける人の体にあったものを選ぶことが重要になります。

またバッグの形もポイントで、一般的な円錐形のラウンド型のほか下部に膨らみのあるアナトミカル型や独特な形のアシンメトリー型があり、身体にあったものを選ぶ必要があります。

トラブルの修正手術

豊胸術にはいくつかの種類があります。バッグ挿入法はシリコンバッグ、バイオジェルなどを胸に挿入する豊胸で、手術は脇の下を切開して行い、傷跡は数ヶ月で目立たなくなります。

バッグ挿入法は体内の組織がバッグの周りを締め付けることで胸が硬くなるカプセル拘縮を防ぐ必要があるため、術後にマッサージは欠かせないものです。

バッグにも種類があります。内容物や形状など様々な種類があり、体質、触れた感触、術後の形、安全性などから選ぶことが可能で、最新式のコヒーシブシリコンバッグは主流のバッグです。

コヒーシブシリコンバッグは、シリコンジェルが進化して、万が一破れたとしても拡散ないように作られています。

柔らかくより本物に近い感触のバッグです。

バッグは体内に吸収されることがなく、他の豊胸術と比較しても長期間バストアップすることが可能になり、修正することも可能で、バッグは取り出すこともできるため、サイズ修正なども容易にできます。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸の修正をする時に気をつけたいこと

上手な医師・クリニックの特徴

胸に違和感があり、挿入したコヒーシブシリコンバッグに破損の疑いがあるときには、診察と検査を行い状況を確認し、破損時には新しいものと交換するための手術を行います。

視野を広くとることができる安全性が高いアンダーバストからのアプローチを行い、大胸筋下や乳腺下に入れられたバッグを丁寧に取り除き、不要な物質が体内に残らないように配慮します。

傷跡をどうしても目立たせないようにしたい人には、乳輪の際から切開してアプローチを行うことも可能です。

修正を行う際にも、理想とする乳房の形やバスとサイズになるように、交換するコヒーシブシリコンバッグを選び、ずれることがないように挿入空間を作って適切な位置に収めます。

前よりサイズアップを望むのであれば、修正手術の際に容量を増やしたコヒーシブシリコンバッグを入れることができるか検討を行い対処してくれます。

サイズを下げたい場合には、前のバッグ挿入時に広がった空間がきちんと密着してサイズダウンしたバッグが移動したりしないように施術が可能です。

再手術は突っ張りやしこりができやすくなるなどのリスクがあるため、経過観察をしっかりと行い、炎症や痛みを抑える対応、マッサージなどアフターケアの対応も行ってもらうことができます。

名医に依頼すればリスクは下がるか

コヒーシブシリコンバッグの豊胸は、他のバッグを挿入する豊胸術と同じであり使われるバッグの素材が違うということだけです。

このためカプセル拘縮(被膜)やリップリングなどのリスクは他と変わらないとものです。これらのリスクを避けるためにも身体にあった豊胸術を行うことが重要です。

また挿入時や縫合の失敗などをのリスクを避ける場合には経験を積んだ名医に依頼することでリスクを避けることが可能です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

安全性が高く、破れたとしても内容物が流れ出て拡散してしまう心配がないコヒーシブシリコンバッグは、多くのクリニックで豊胸に採用されています。

めったに破れない分、実際にトラブルが起きて破損してしまった場合、誤った対応を医師が行ってしまう可能性がありますから、修正が必要になった時ほど実績がある医師にお願いしてリスクを減らすことが大切です。

挿入するバッグ自体が拘縮ができにくいようになっていても、切開して皮膚や筋肉を剥離する際、乳腺や大胸筋を傷つけられて、出血があったり術後に広く内出血が見られたりすると、拘縮が発生して膜ができて部分的に硬くなるなどして、突っ張り感やしこりが発生することがあります。

また手術してしこりなどを取り除く必要性が出てきますし、最悪の場合はバッグも取り除くことになればかなりの負担ですから、豊胸手術も修正やバッグの交換が必要になった場合も、優れた医師に対応してもらうことが肝心です。

当相談所では、おすすめのクリニックをご紹介することが可能です。

コヒーシブシリコンバッグによる豊胸を目指していたり、修正が必要になって困っている場合には名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*