豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

コヒーシブシリコンバッグの豊胸のダウンタイム、どのくらい続く?

シリコンバッグによる豊胸では、通常、両脇の目立たない箇所を切開してシリコンバッグを挿入します。バッグは、乳腺下、大胸筋下、大胸筋膜下などで、患者の希望や状況に応じて挿入位置や深さが決まります。シリコンバッグは小さなものから、大きなタイプまでさまざまで、2~3カップ以上のサイズアップも可能です。
シリコンバッグの中身には、生理食塩水、CMCジェル、ハイドロジェル、シリコンジェル、コヒーシブシリコンなどがありますが、現在主流となっているのは、シリコンジェルバッグとコヒーシブシリコンバッグです。シリコンジェルバッグは、安全性は確立しているものの感触が固いという欠点がありました。それを改良したのがコヒーシブシリコンバッグで、さらに柔らかさを追求したソフトコヒーシブシリコンが使われるようになり、安全性、感触の両方に優れたバッグになっています。
コヒーシブシリコンバッグの豊胸でのダウンタイムや術後経過を紹介しましょう。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸のダウンタイム、どのくらい続く?

コヒーシブシリコンバッグの豊胸のダウンタイム

コヒーシブシリコンバッグの豊胸のダウンタイムは、挿入部位によって異なります。強い痛みは、乳腺下法では1~2日、大胸筋下法では2~3日、その後の痛みは、乳腺下法で1週間程度、大胸筋下法で7~10日続きます。痛みの程度も、大胸筋下法の方が強くなります。
抜糸は6~8日後に行います。
腫れは、1~2週間程度で、脇から胸全体に出ることもあります。また、内出血や感染症になれば、腫れが長引きます。
内出血は、手術の際に細かい血管が傷つくと皮膚下で出血し、脇から胸全体が紫色になりますが、2~3週間で消失します。
コヒーシブシリコンバッグの豊胸では、術後の浸出液や血液を外に排出させるためにドレーンをつけることがありますが、通常は2~3日程度で抜き去ります。
術後は、アップ帯と呼ばれる包帯を2~3日装着して圧迫します。その後、抜糸までは、バストバンドで圧迫を続けます。3ヶ月程度は、ワイヤー入りではないブラジャーを使用します。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*