豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

コヒーシブシリコンバッグの豊胸のデメリット3個

豊胸施術を受ける手段として、最も効果的だといわれるのが、シリコンバッグを胸に挿入するやり方です。中でもコヒーシブシリコンバッグという、シリコンバッグの評判がよくなっています。

従来のバッグであると、胸に挿入した後に、何らかの原因でバッグが破れてしまい、中身が流れ出るリスクを持っていました。しかし、コヒーシブシリコンバッグはとても安全性の高いシリコンバッグで、たとえバッグが破れてしまっても、中身が流れ出ないように工夫されているのが大きな特徴です。

シリコンバッグを挿入すると、2カップから3カップも胸を大きくすることができますが、安全性が高いとされるコヒーシブシリコンバッグであっても、デメリットは存在します。

このデメリットを十分に理解していないと、後悔することもありますので、施術を受ける前にしっかりとカウンセリングをして、納得の上で施術に挑むことが重要になります。そうすれば、望み通りの胸を、いつまでも維持できるようになります。

知っておくべきコヒーシブシリコンバッグの豊胸のデメリット

コヒーシブシリコンバッグの豊胸のデメリット

具体的なコヒーシブシリコンバッグの豊胸のデメリットとしては、シリコンバッグが硬めであることです。自然な柔らかさがないため、感触に違和感を感じる可能性があります。

しかし、現在ではソフトコヒーシブシリコンバッグという、柔らかさを持った製品が登場していますので、硬さの問題は徐々に解消されつつあります。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸ばかりに限られたことではありませんが、手術を受けた後に痛みが少し強めに発生することがよくあります。

胸に大きな異物を無理やり挿入する手術ですので、その圧迫感や切開をした部分の影響により、痛みがしばらく続くようになっています。その際には、腫れの症状が見られたり、内出血を起こすなどのリスクも持っています。

また、バッグと身体が上手くフィットしないことで、しこりができたり胸が硬くなるデメリットがあります。
このようなデメリットを避けるには、手術をする前に高度な機器などを使って検査してくれる、評判のよい病院を頼るようにしましょう。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸の「バレる」というデメリットを解説

バレる・不自然というリスクについて。

そしてコヒーシブシリコンバッグの豊胸の一番のリスクがやはりバレる・不自然と言うことがあげられます。バッグを挿入する豊胸手術の場合、医師の技術力が必要になります。

医師の技術力が無ければ傷跡も大きくなりますし、バストの形が左右で違うなど不自然な出来上がりになります。豊胸手術はアフターケアも重要な手術ですが、根本の手術が成功していなければアフターケアをいくらしたとしても意味がありません。

カプセル拘縮(被膜)のリスクについて

コヒーシブシリコンバッグの豊胸のリスクの1つでカプセル拘縮と呼ばれるバストが硬く変形してしまう状態になってしまうことです。バッグを体内に挿入したことで体内は異物を体外に押し出そうとする働きが発生します。

ですが、当然外には出せないためバッグの周りに被膜と呼ばれる膜を作ろうとします。

この膜が厚くなることでバストも硬く変形してしまいます。そのため、バストが不自然な形になったり痛みが発生したりします。

リップリングが起きてしまうリスクについて

リップリングはコヒーシブシリコンバッグの豊胸のようにバッグを挿入する豊胸手術にのみ伴うリスクです。挿入したバッグが波打ってしまい、それが皮膚の表面にも浮き出てきてしまうことで肌の表面が波打ち、しわの様に見えてしまう現象のことを言います。

この現象が起きてしまうと豊胸手術を行ったことが見た目にわかりやすいだけでなく不自然な形になり、表面がでこぼこしているため手触りも悪くなってしまいます。

コヒーシブシリコンバッグの豊胸は名医がおすすめ

コヒーシブシリコンバッグの豊胸はドクターの技術力によって仕上がりが左右される手術です。そのため上記のようなリスクを少しでも回避するためには名医と呼ばれるドクターに手術を行ってもらう事がとても重要になってきます。

とはいえ、自力で名医と呼ばれるドクターを探すのはとても大変なことだと思います。そこで当相談所ではおすすめのドクターのご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*