豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

陥没乳頭の修正を考えたときに

乳頭が乳房の中にへこんでしまっている状態を陥没乳頭といいます。刺激したりひっぱったりしても埋没したままの状態を真性、刺激を与えることで乳頭が出てくる場合は仮性、といいます。このことにより、コンプレックスと抱えている方も多く、また真性である場合は、授乳の時の障害や不衛生になることで乳腺炎になる可能性があるため注意が必要です。陥没乳頭を修正するには、個人の程度の差で、手術の方法がかわってくるので、医師としっかりと相談したうえで行います。真性である場合の手術には、乳管を温存する方法と切断する方法があります。乳管を完全に切断すれば、陥没はなくなりますが乳汁が出なくなります。そのため出産前の女性は温存する方法を選ぶほうがよいでしょう。乳頭を2、3箇所切って陥没の癖を取り除くことで乳頭が出る状態にしてから、縫合します。その状態で癒着させるために器具で固定します。このように乳管を傷つけない方法で行うことができます。

陥没乳頭の修正を考えたときに

カウンセリングを十分に行いアフターケアがしっかりしている病院を選ぶ

真性と違い、乳首の陥没の程度が小さい仮性陥没乳頭では、傷跡が目立つようなことはなく術後の授乳も可能なものになります。乳首の根元にわずかに傷が付く程度で、手術後約7日で抜糸ができます。乳首が陥没したままの状態では、授乳がうまくいかず乳房が張って苦しんだり、赤ちゃんはうまく乳首をくわえられずに泣いたりと、様々な問題が出てきます。陥没乳頭を修正することは、乳首の形を形成することで、衛生面でのリスクをなくして精神面でも自信が持てるなどがあります。また、出産前の女性なら、将来の授乳に向けて乳管を温存して修正することができます。乳首の状態は、個人によって違い重度のものから軽度のものまであります。その状態によって、手術方法がかわってきます。また再発も心配ですので、経験豊富な医師に相談して自分に合った方法を提案してもらえるようにしましょう。カウンセリングを十分に行いアフターケアがしっかりしている病院を選ぶようにします。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*