豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

人工乳腺バッグの名医を選ぶ2つのコツ

豊胸には、大きく二つの種類があります。一つは脂肪注入法。もう一つは、人工乳腺バッグまたは豊胸バッグといわれるバッグを乳腺に入れて、そこに、生理的食塩水などを入れます。その入れる豊胸バックの種類により、生理食塩水バッグ、シリコンジェルバッグ、クリスタルバッグ、コヒーシブシリコンバッグ、CMCバッグなどがあります。脂肪注入法の場合は、おなかやももなど本人の体の一部の脂肪を搾取して、それを、胸に入れるので一番自然ですが、挿入した脂肪の吸収率が人それぞれに違うために、予定通りの豊胸は難しく、そもそも、脂肪がない人には、すぐには処置はできません。

それに対して、人工乳腺バッグの場合は、入れたものがそのまま、胸のふくらみになるので、予定通りの豊胸が望めます。ただし、問題点は、外部から人工乳腺バッグという異物を挿入するために、生体の拒否反応が出たり、確実に胸が膨らむために、上手な先生でないと、不自然な盛り上がりになってしまうことがあるので名医を受信することが大切です。

人工乳腺バッグの名医

拒否反応なども出やすい

人工乳腺バッグ法は、確実にバストが大きくなる分、人工乳腺バッグという異物が体内に入るために、拒否反応なども出やすいです。そこで、経験豊富な名医を選ぶことが大切です。そこで、名医の選び方を知っておくことです。一つ目は、どこから脂肪を取ってきて注入する脂肪注入法と違って、人工乳腺バッグを挿入するだけなので施術時間も短く、大切な組織を傷つける心配が無い為、術後の腫れ、痛みが少なく、回復も早い医師がよいです。術後のトラブルが多い医師は避けることです。二つ目は、リップリングを起こしにくく、カプセル拘縮も起こさない医師です。リップリングとは、バッグ挿入後に、外から見て挿入部分が異様に波立ってしまい、明らかに何か入っているとわかる状態になってしまうことです。もともと胸が小さく挿入範囲が少ない人に置きやすいですが、これを回避できる医師です。カプセル拘縮とは、乳腺バッグが中で拘縮してしまうことですがこれを起こさないように配慮できる医師です。最後は時間が経つにつれて、豊胸バッグが極端にお腹のほうへ下がることを防げる医師です。これらの基準に従って名医を探すとよいです。

人工乳腺バッグの名医

人工乳腺バッグの口コミ人気が高いクリニックは?

人工乳腺バッグとは豊胸術の一種で 胸の大胸筋と小胸筋の間に「人工乳腺バッグ」を挿入する方法です。
ヒアルロン酸注入、脂肪注入といった豊胸術に比べ
「確実にハリのある大きなバスト(2~3カップ以上)に変身できる」「半永久的にバストが持続できる」
ということで人気の手術です。

人工乳腺バッグは生理食塩水・シリコン・コヒーシブ・ハイドロジェル(CMC)、モティバMOTIVA、シルテックス、ナトレルなど多様にあり、
それぞれに手触りや安全性、費用など違いがあるので それぞれの特徴を把握して選べます。

費用は人工乳腺バッグの素材やクリニックによって25万円~90万円と幅があり、
クレジットでの分割払いでの支払いも可能です。

ただ 体に異物を入れる医療行為ですから リスクもあります。
何かトラブルがあったときに
安心して頼れる美容外科クリニックに出会えるよう
じっくり選びましょう。

当相談所では失敗確率を病院ごとに算出しておりますので、口コミで人気のクリニックを比較してみましょう!

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*