豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸プロテーゼのダウンタイム、気をつけるのは?

ボリュームのある豊かなバストや形の綺麗な美乳には、女性だけでなく男性でも憧れてしまうものです。バストアップに効果的なサプリやエクササイズを実践しても、すぐに効果が得られるわけでは無くそもそも全く効果が無いといったケースも多いといいます。即効性があり確実に理想のバストに近づくには、美容外科で施術が可能な豊胸プロテーゼが最も確かな方法です。豊胸プロテーゼは今のバストよりも2カップ以上のサイズアップを望む方や、理想の形を追求する女性には最も最適な施術です。豊胸プロテーゼの最大の特徴はバストアップ効果を半永久的に実感できる持続性の高さと、見た目も感触にも非常に自然な仕上がりを実現することができる点です。一人のひとり個々の女性のバストにフィットした、プロテーゼの種類には約100種類いじょうものラインナップがあるといいます。また最新のプロテーゼは従来の方式よりダウンタイムも少なく、一昔前は必須であった術後のバストマッサージも不要だといいます。
豊胸プロテーゼのダウンタイム

メリットと併せてデメリットにも正しい知識を持つ

豊胸プロテーゼで使用するプロテーゼでは約100種類以上のラインナップから、個々の女性のバストにフィットした種類を選び挿入位置にも配慮して手術が行われます。多くの美容外科やクリニックでは全身麻酔で眠った状態で手術を行うのが一般的です。具体的にプロテーゼを挿入する術式としては乳腺下法や大胸筋下法・筋膜下法などがあり、一人ひとりの女性のバストの皮膚や細胞の状態に応じて最適な方法で手術が進められます。手術時間は平均的に一時間弱とされていて、術後は強い筋肉痛のような痛みがあると言われています。また術後のダウンタイムの時間は3時間弱とされ、シャワーは3日後から入浴は約1週間後から可能だと言われています。また個人差はありますが切開した患部の腫れや内出血の症状は約2週間程度で治まってくるようです。最近では各クリニックや美容外科それぞれに独自のアフターケア法などを展開しており、術後の痛みや腫れ・内出血の心配も軽減されているようです。豊胸プロテーゼを検討しているのなら、メリットと併せてデメリットにも正しい知識を持って行うことが大事です。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*