豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸インプラントの修正の2つのコツ【Motivaへの入れ替え解説】

豊胸インプラントとは、シリコンバッグや生理食塩水バッグ等の豊胸バッグを胸に入れていく方法で、確実に大きな胸になる事で人気の施術です。
豊胸バッグの大きさによって、希望通りの胸の大きさに変えていく事が出来ます。
そんな豊胸バッグによる施術といえば、バッグの破損による健康被害が心配という人もいるでしょう。
ですが、以前に比べるとバッグは丈夫で破損しにくい状態になっています。
更に、生理食塩水や流出が少ないシリコンを選ぶ事で、健康に害が出にくい状態を作っていく事が出来ます。

ただ、豊胸インプラントの施術によってトラブルが全く起きないという訳ではありません。
破損をすればバッグを取り除く必要がある他、形が悪くなる、痛みやつっぱった感じが残る等、様々なトラブルが起きる可能性があります。
そしてその場合、早めに修正をしていく事が重要になってきます。
その場合、バッグを取り除く以外に、入れ替えや新たな方法を選ぶという事も可能です。

豊胸インプラントの修正

トラブルが起きた場合の最も有効な方法は?

豊胸インプラントでトラブルが起きた場合、最も有効な方法は、その豊胸バッグを取り除く方法です。
胸の大きさは元に戻ってしまう事になりますが、今後、豊胸バッグを入れている事によって起きるトラブルで悩まされる事がなくなります。
ただ、取り除く際には残留物が残らないようにしっかりと取り除ける高い技術が必要になります。
修正後も大きな胸を維持したいと考えるのであれば、再び豊胸バッグを入れ直すか、豊胸インプラント以外の施術を考えるという事になります。
豊胸手術といえば、豊胸バッグを胸に入れる施術が有名ですが、それ以外にも体の中の脂肪を吸引し、その脂肪を胸に入れていく脂肪注入法や、ヒアルロン酸を注入するだけで行えるヒアルロン酸注入法等があります。
豊胸手術をやり直すといえば、同じ方法を再び行うというイメージを持つ人も多いでしょう。
ですが、豊胸バッグを入れ直す以外にも、その時に最適と考える方法を選ぶという事も可能です。

豊胸インプラントバッグMotivaを受けるならどこがおすすめ?

豊胸バッグは美容外科で受けられる豊胸手術の中でも、特人気の術式です。人工シリコンをバストに挿入する事で、バストアップします。シリコンの大きさによっては、3カップ以上ものバストアップが可能です。

ただ、従来のシリコンは触り心地が不自然で、場合によってはバストに触れられた時に、豊胸手術を受けた事がばれやすい点がデメリットでした。このような豊胸バッグのデメリットを解消したのが、豊胸インプラントバッグMotivaという最新の豊胸手術です。

豊胸インプラントバッグMotivaは、とても柔らかいシリコンとなっており見た目はもちろん、触り心地も自然です。仰向けになった際もナチュラルなバストのように動くので、豊胸手術を受けた事がばれにくくなっています。自然だけれども、しっかりバストアップしたいという方に、豊胸インプラントバッグMotivaはおすすめです。

最新の豊胸手術として話題となっているのが、豊胸インプラントバッグMotivaです。
この豊胸手術はナチュラルなバストと同等の、見た目や触り心地なのにも関わらず、大幅にバストアップ効果を得られます。
費用は平均で約120万円程ですが、安いクリニックであれば約80万円程度の料金で施術を受けられるようです。
従来のシリコンによる豊胸手術のような、不自然さのあるバストは嫌だという方に豊胸インプラントバッグMotivaはおすすめです。
ただ、最新の豊胸手術という事もあり、医師の技術によって仕上がりに大きな差が生まれてしまうので、この点は注意しましょう。

失敗してしまうと、バストにしこりができたり拘縮といって、バストが固くなってしまう現象が起こります。
また、バストの位置が左右で違うなどのケースもあるようです。
このような失敗のリスクを少しでも下げるには、豊胸インプラントバッグMotivaだけでなく豊胸手術全般に精通している、評判の良いクリニックを探しましょう。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*