豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸バッグ挿入って失敗3つの例と修正手術が上手い病院のご紹介

女性にとって豊かに膨らんだ胸というのは、女性らしさを示す大きな特徴の一つだと言えます。

ですが胸の大きさは生れ付き等の要因により、個人差があるので、大きな胸の女性もあれば、ほとんど膨らみのない小さな胸を持つ女性もいるものです。

なのでそんな風に胸の小さな女性は女性らしさの欠如だと捉え、コンプレックスとなってしまう事が少なくありません。

もっともそういった胸の小さな女性も、豊胸バッグ挿入という方法を用いる事で、コンプレックスを取り除き、膨らみの大きな豊かな胸を手に入れる事が可能です。

というのも豊胸バッグ挿入を行う事で、物理的かつ確実に胸を大きく出来る上に、胸の形も綺麗に整える事が出来ます。

お陰で胸の大きさだけでなく、形に対してコンプレックスを抱いている女性の胸も、綺麗に整える事も可能です。

この様に豊胸バッグ挿入という方法を用いる事により、女性が自分の胸に抱くコンプレックスをしっかりと改善する事が出来ます。ただしあくまでそれは、失敗しなかった際の話です。

豊胸バッグ挿入って失敗したらどうなるの?

手術の要点解説!口コミ人気の高い豊胸バッグ挿入とは?

バストの悩みは人それぞれです。

バストにボリュームが無いというだけでなく、左右で形や大きさが違う、加齢によってバストが垂れてしまったなど、年代問わずバストにコンプレックスを抱えている女性は少なくありません。

このようなバストの悩み・コンプレックスを解消してくれるのが、美容外科で受けられる豊胸手術です。
豊胸手術と言えばバストアップ出来るというイメージが強いですが、施術法によってバストの大きさを整える事や、垂れたバストを持ち上げる事も出来ます。

中でも豊胸バッグ挿入は、様々なバストの悩みを解消できる豊胸手術として人気です。
豊胸インプラントや豊胸プロテーゼとも言われる豊胸手術で、シリコンをバストに挿入する施術を行います。

シリコンは大きさだけでなく、形や素材など様々な種類があるので、バストの悩みに合わせたシリコンを挿入する事で、理想的なバストラインを作れます。

美容外科で人気の豊胸手術「豊胸バッグ挿入」は、挿入するシリコンの種類などによって費用に違いが出てきます。

安いクリニックだと約20万円程で、施術を受けられるようです。

20万円でバストのコンプレックスを解消できれば、安い買い物と思う女性もいるでしょう。

しかし、安さだけで施術を受けるクリニックを選ぶと、失敗してしまうリスクが高まるので注意が必要です。

価格がリーズナブルなクリニックだからといって、必ず失敗するとは限りません。

ただ、安さだけでクリニックを選んでしまうと、医師の技術力などを見極める事が出来ず、満足のいく仕上がりにならないケースもあるのです。

豊胸バッグ挿入ではバストの形や大きさが不自然になった、皮膚が引き攣れてしまった、しこりが出来たなどの失敗が起こる場合もあります。

このような症状のリスクを少しでも下げる為に、豊胸バッグ挿入を受ける際は評判の良いクリニックを、当相談所で探すようにしましょう。

上手な医師・クリニックの特徴

豊胸治療はやり直しもできますが、できることなら、一回の施術で理想の仕上がりになるようにしたいものです。

豊胸バッグ挿入を失敗しないためにはも、理想のバストを手に入れるためにも、良い医師を選ぶことが大事です。

豊胸手術を成功させるためには、医師の技術力の高さが大事となりますが、やはり腕を上げていくためには多くの治療経験があることが大事です。

症例数の多さは医師によりかなり違いもありますので、症例数や実績はよく確認しておきましょう。

そして、修正治療も得意としている医師であるかも調べておきたいところです。

豊胸治療も日々進化しており、現在ではより体に負担が少なく、自然な仕上がりとなる治療も登場していますので、最新の技術や設備が導入されていることも大事です。

そして、理想の仕上がりにするためには、カウンセリングが充実していることも大事ですので、カウンセリングに時間をかけてくれるか、患者の声にしっかりと耳を傾けてくれる医師を選びましょう。

治療のメリットだけではなく、リスクについてもしっかり説明してくれることも大事です。

治療の技術力が優れていることはもちろん、治療後のアフターケアや保証もしっかりと行われているとより安心ですので、アフターケアの良さもよく確認しておきたいところです。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果

様々なリスク・失敗例が伴うので注意が必要

豊胸バッグ挿入を実行すると、様々なリスクが伴うので注意が必要だったりします。

失敗によるリスクとして考えられるのが、まずは胸の形が歪になってしまう事であり、2段胸といった形で胸に段差が出来てしまったり、左右で胸の形が明らかに違ったりするケースがあるのです。

主に技術力がないクリニックで手術した際に起こるケースが多いので、クリニック選びは慎重に行う必要があります。

そしてこういった形で失敗すると、再手術を行い、形を整える事になるのです。

次に豊胸バッグ挿入による失敗として注意したいのが、胸の神経が麻痺してしまう事です。

主にバッグを入れる際に、神経を傷付けてしまう事で起きてしまう症状であり、胸の感覚がなくなったり、逆に痛みを敏感に感じる様になってしまうので注意する必要があります。

更には豊胸バッグ挿入を行う事で、精神的な負担を感じる様になってしまう人もいるのです。

というのも胸は大きくなったものの、偽物であるとバレるのではと悩んでしまい、中には鬱の症状を引き起こしてしまう人もいます。

なのでそういったリスクを念頭に置きつつ、手術を受けるかどうかを慎重に決断する必要があるのです。

豊胸バッグの失敗

豊胸バッグ挿入の失敗例、バレる・不自然な状態ってなぜ起こるの?

豊胸手術を望む人の多くは、胸を大きくしたいと思って手術をうけるわけですが、その大きさが適切ではなかった場合には、手術を受けたことがバレる・不自然に見える可能性があります。

特に痩せ型で豊胸手術を望んだ場合、大きすぎる豊胸バッグを挿入することで、正常な胸の位置からずれてしまい、バレる・不自然な印象を与える可能性があります。小柄・痩せ型の人になりやすいため、手術を受ける前にはしっかりとシミュレーションをすることが大切です。

カプセル拘縮(被膜)とは

シリコンバッグなどの豊胸バッグ挿入による豊胸手術を行った場合、カプセル拘縮(被膜)が起きる事があります。

カプセル拘縮(被膜)は体にとって異物であるシリコンバッグなどの豊胸バッグ被膜で覆うことで体への害を最小限に留めようとする体の正常な反応です。

薄ければそれほど問題にはなりませんが、必要以上に厚くなった場合には挿入した豊胸バッグを締め付けるようになり、見た目・触り心地が不自然になることもあります。

リップリングとはどのような状態か

豊胸バッグ挿入術では、挿入した豊胸バッグの端が折れ曲がった状態で肌表面から触れる状態になることがあります。このような状態をリップリングと言います。

リップリングが現れると、皮ふの一部が尖ったように見えてしまう事があります。

脂肪組織がほとんどない痩せ型の人に多く見られる現象と言えます。そのままにしていても、改善されるということはありませんので、対策としては豊胸バッグを取り除くほかありません。

挿入位置を誤っている

豊胸バッグ挿入をした後に起きる可能性があるトラブルが、ずれてしまい胸に段が出来てしまう、胸の形が不自然になってしまう等、見た目に関するトラブルです。

バッグが不自然な状態になっていると感じたら、少しでも早く、クリニックで相談をする事が大切です。

それにより、早い段階で修正をしていく事が出来ます。
ただ、修正というのは不可能ではありませんが、体に負担をかける事になります。

挿入の段階でも負担をかけているのに、更に負担がかかる事になる為、トラブルが起きてもやり直せば良いと考えるのではなく、最初からしっかりとした技術を持った医者を選び、トラブルの可能性を減らしておく事が有効です。

豊胸バッグ挿入は、将来的には、入れ替えや除去を考える必要がある施術です。

それだけに、施術から入れ替えや除去までの間に、修正等、必要以上に体に負担がかかる状態は避けておく事がお勧めです。

その為には医者やクリニックの選び方が重要になってきます。

修正手術は難しいので医師選びが肝心

確実に胸を大きくしたいと考えた時に有効な方法が、美容系のクリニックで行われている豊胸手術です。

中でも、しっかりとサイズアップしたいと考えた時に有効なのが、シリコンバッグや生理食塩水バッグを胸に入れる豊胸バッグ挿入です。

豊胸手術には、ヒアルロン酸を注入する方法や、体から吸引した脂肪を胸に注入する方法等もあります。

ですが、ヒアルロン酸の場合、時間が経てば元の胸の大きさに戻る事になりますし、脂肪を注入する場合は、脂肪注入時に比べてやや小さいサイズで落ち着く事になります。

それに対して豊胸バッグ挿入は、最も理想の大きさに近い状態にする事が可能なだけでなく、その効果が長続きする事になります。

ただ、豊胸バッグは耐用年数が決まっており、それを過ぎると、入れ替えや除去を考える必要が出てきます。

更に、豊胸バッグを入れた後に、ずれたり破損をしたりする等、トラブルが発生した場合、早めに修正や除去等を考える事も重要になってきます。

豊胸バッグの修正

手術経験豊富な名医に任せよう

豊胸手術を成功させるためには、自身の希望を押し通すのではなく、医師としっかりと話し合うことが大切です。

これまで多くの実績がある名医であれば、豊胸手術に関するリスクなどについても詳しく安心して様々なことを相談することが出来るでしょう。

豊胸手術は行うことでコンプレックス解消などのメリットもありますが、デメリットやリスクも伴うものですので、手術を任せる医師選びは慎重に行うようにしましょう。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

豊胸治療を行うとバストに関するコンプレックスは解消され、理想の大きさ、形のバストを得ることができますが、必ずしも理想の仕上がりになるというわけではなく、時には失敗してしまうこともあり、形が不自然となる、感触が悪くなってしまうこともあり、そんな場合は治療をやり直す必要も出てきます。

豊胸バッグ挿入は体にもある程度の負担がある治療ですので、できることなら修正治療が必要ないほうが良いものです。

良いクリニックを選ぶためには、クリニックの知名度の高さや口コミなどの評判はよく調べておきたいですが、やはりいざ治療を行うとなると迷ってしまうという人もあるのではないでしょうか。

クリニックが有名だから、他よりも価格が安いからと安易にクリニックを選んでしまうのはトラブルの元となりますので、様々な面から比較して慎重に選びたいところです。

当相談所では美容整形や、美容クリニックについての豊富な情報を持っており、自然な仕上がりとなり、安全性に優れた治療を提供している豊胸治療でおすすめのクリニックを紹介しています。

良いクリニックを選ぶと安心して治療を受けることができますので、クリニック選びや医師選びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*