豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸バッグ挿入に必要な料金相場は?【3項目で分析】

豊胸バッグ挿入は半永久的に胸のふくらみを維持できる方法であり、色んなプランが作られています。挿入するバッグがいくつかのメーカーから出されていて量やさわり心地などに違いがあり、品質が良く表面の材質や形の違いで被膜ができて硬くなるカプセル拘縮を起こしにくいものや、炎症などを起こすリスクをできるだけ回避できるタイプを使うとその分価格が高くなります。

安くても手術の安全性が損なわれる訳ではありませんが、破れたり将来入れ替えが必要になったりしないためにも料金相場を見比べて検討したほうが良いです。

豊胸バッグ挿入は、バッグ代金と手術費用や検査費用、麻酔さらには痛み止めなどの薬代が必要になりますし、術後もカプセル拘縮ができにくくするために、超音波マッサージなどのケア代金が発生します。見積もりを作ってもらえることが多いため、できるだけアフターケアの料金まで入った価格を出してもらい、いくつかのクリニックで比較を行うと料金相場が分かりやすくなります。

豊胸バッグの料金相場

料金相場

豊胸バッグ挿入は安いと20万から30万円台、高いと100万円に至るクリニックがあります。平均的には50万円前後が料金相場であり100万円までになると高額ですから、そこまで高くなる理由を確かめて、納得出来たら手術をお願いするべきです。

挿入するバッグは、わずかな量が違うだけでも見た目が違ってきます。たくさん容量の違うバッグを取り扱っているクリニックなら希望のサイズにより近い量のものを入れることが可能ですが、安い価格の場合ある程度の量のバッグしかなく、細かな希望には対応していないことがあるので注意が必要です。

安いことにこだわり、医師の技術の良し悪しを二の次にしてクリニックを選んでしまうと豊胸バッグ挿入に失敗して手術のやり直しになってしまうことがあります。やり直すと体に負担がかかる上、取り出して再度挿入する手術代が余計にかかってしまうため、利用金相場を意識しつつもしっかりしたノウハウを持ち、安心してお願いできるクリニックを選ぶべきです。

費用相場と安い料金

料金は使用するシリコンのサイズや素材などによって変わりますが、安いクリニックであれば約20万円程度で施術を受けられるようです。同じ豊胸プロテーゼを受けるのであれば、少しでも料金が安いクリニックで施術を受けたいと、考える方が多いでしょう。確かに適正価格のクリニックを探す事はとても大切です。しかし、安さだけでクリニックを選ぶのはおすすめできません。

豊胸プロテーゼは失敗してしまうと、大きな後遺症を残すケースがあります。
失敗例としてはバストがデコボコになる、硬くなる、不自然なバストになる、しこりが出来るなどが挙げられます。

豊胸バッグを行っている口コミ人気の高いクリニックのご紹介

バストのサイズが小さいという悩みは、女性にとって大きなコンプレックスとなります。
巷にはバストのサイズがアップすると言われている、マッサージ法やサプリメントが溢れていますが、効果の現れ方には個人差があり、確実にバストアップ出来るとは限りません。

やはり、バストのサイズをアップする1番、効率的な方法は美容外科での豊胸手術と言えるでしょう。
一言で豊胸手術といっても、術式は様々です。

中でも豊胸プロテーゼは数ある術式の中でもポピュラーで、しかもバストのサイズを大幅にアップ出来る事で知られています。
この豊胸手術ではシリコンを、バスト部分の挿入する施術を行い、バストアップを行うのが特徴です。
サイズの大きいシリコンを選べば、3カップ程度バストアップするのも夢ではありません。
しかも、シリコンは体に吸収されない素材ですので、1度施術を受ければ半永久的にバストのサイズをキープ出来ます。

当相談所では、失敗しないための美容整形のために、全国の技術の高いドクターをご紹介しております。ご紹介依頼は下記よりお気軽にどうぞ。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*