豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸バッグ挿入のダウンタイム、大体どのくらい?

最も手軽にバストのサイズアップができる方法が豊胸バッグ挿入手術です。
この方法のメリットはなんといってもしっかりとサイズアップをすることができるという点です。
手軽におこなえるヒアルロン酸などの注入法では1カップアップする程度ですが、この豊胸バッグ挿入では2カップ程度のサイズアップも可能なため、よりバストを大きくしたいという方でも大きなサイズアップが可能になるのです。
このさい挿入する素材もさまざまなものから選ぶことができ、シリコンバッグ、プロテーゼ、インプラント、人工乳腺バッグ、生理食塩水、バイオセルなど豊富な素材の中から、ドクターと相談しコストや触感、体質に合わせて使うことができるのが魅力です。
ただし、豊胸バッグ挿入法もダウンタイムがありますので、手術のリスクやダウンタイムを知った上でそうしたダウンタイムが少なくて済むような経験豊富なドクターの在籍するクリニックで手術を受けることが必要です。
豊胸バッグのダウンタイム

ダウンタイムのリスク

豊胸バッグ挿入はサイズアップが手軽にでき、さらに形に関しても理想に近づけることができるメリットの多い豊胸術ですが、ダウンタイムのリスクもあります。
豊胸バッグ挿入法のダウンタイムは多くのケースで2週間ほどでその期間中は痛みや腫れなどに注意して過ごすことが大切です。
熱を持ってしまっている場合にはクールパックや濡らしたタオルなどを使って冷やしながら熱を取り安定させることが必要です。
まれに挿入部が内出血してしまうケースもありますがこちらも2週間程度で収まることが多いようです。
痛みがある場合には処方された鎮痛剤を飲んで痛みを軽減させながら様子を見るようにしましょう。
手術後はワイヤーブラの使用は避け、プロテーゼに作用しないようにスポーツブラを身につけて様子を見ることをおすすめします。
手術直後はバスト内にコラーゲンが形成されていきますので、そうした形成が安定する2週間後程度からワイヤーブラなどを身につけることが可能になります。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*