豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸バッグ挿入のアフターケアに必要なこと

美容外科で胸を大きくしたいと思ったら、ヒアルロン酸注入、自信の脂肪を注入、豊胸バッグ挿入などの方法の中から選ぶことが出来ます。
その中でも豊胸バッグ挿入を選んだ場合、アフターケアに気を付けないと、胸が硬くなってしまうというデメリットがあるので気を付けなければなりません。
豊胸バッグというのは異物なので、それを体内に入れるにはそれなりのリスクが伴いますが、それを防ぐための方法はあるので安心するようにしましょう。
豊胸バッグはシリコンバッグとも呼ばれていますが、メスで切開したわきやバストの下から、中身がシリコンで出来たバッグを挿入する方法のことで、名医に任せれば、自然な仕上がりになるので人気があります。
豊胸バッグの中でも、テクスチャードタイプの豊胸バッグを選択すれば、カプセル拘縮という現象が起きにくいので、硬くなりにくいといわれています。
それ以外のタイプの豊胸バッグを挿入した場合は、マッサージを定期的に行わないと、硬くなってしまうので忘れないようにしましょう。
豊胸バッグのアフターケア

カプセル拘縮について

豊胸バッグ挿入の手術を受けた後、なぜ胸が硬くなるのかといえば、カプセル拘縮という現象が起こるからです。
人間の体は、豊胸バッグという異物が体内に入ってきたときに、その影響を少しでも減らすため、異物の周りに被膜を作るという防衛反応を起こします。
その被膜であるカプセルは、まれに異物を小さくしようとして縮小するので、被膜が厚く硬く変形するようになり、中の豊胸バッグ自体もつられて圧縮されて硬くなるため、胸が硬くなり、形もおかしくなるのです。
ゆえに豊胸バッグ挿入を行った後は、アフターケアをしっかり行わないと、せっかく高いお金を出して受けた手術が無駄になってしまいます。
とはいえカプセル拘縮というのは誰でもなるわけではなく、豊胸バッグが体に合えば、何も問題は起こりません。
しかし起こってからでは遅いので、手術後はマッサージを欠かさないようにし、少しでもおかしいと思うことがあれば、すぐにアフターケアの整った美容外科で診てもらうようにしてください。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*