豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

ヒアルロン酸注入の豊胸に失敗したら

豊胸術の中で最も手軽に受けることができるのがヒアルロン酸注入による豊胸術です。
このヒアルロン酸注入はもともと体内にある保湿成分である安全なヒアルロン酸を胸に注入することにより、バストのサイズをアップさせることができるというもので、多くの方が利用している最もポピュラーな豊胸術です。
シリコンバッグ挿入のようにメスを使って切開をする必要がないので、傷跡が残る心配がなく、脂肪注入法のように麻酔を使った脂肪吸引も行わないので、最もリスクが少なく安全に豊胸できる手術法と言えるでしょう。
注入するヒアルロン酸の量によって価格が変わってきますが、それでも豊胸術の中でも最も低価格で手術を行えるので、幅広い層の方がこのヒアルロン酸注入による豊胸を受けています。
ただしやはりリスクはあり、全く失敗がないということではありませんので、この豊胸のリスクをきちんと知った上でクリニックを選び治療することが大切になってくるのです。

ヒアルロン酸注入の豊胸に失敗したら

ヒアルロン酸注入の豊胸の失敗例

ヒアルロン酸注入の豊胸の失敗の例として注入部分にしこりができたり壊死してしまう場合です。
これは未熟な注入技術での治療で引き起こされるトラブルで注入の際の針が動脈や周辺の血管を傷つけヒアルロン酸を入れてしまったために血流がせき止められてしまい、周辺組織が壊死してしまう症状です。
通常起こりえない失敗ではありますが未熟な施術により過去に発症したケースがありますので注意することが大切です。
さらにヒアルロン酸注入の豊胸によるリスクに注入量の左右差から、左右のバストの大きさが違ってしまうということがあります。
自然な状態の胸も若干の左右の大きさに差がありますが、明らかにヒアルロン酸注入の量が違って左右差が出てしまうのは困ります。
このように手軽に受けることができるヒアルロン酸注入の豊胸でもさまざまなリスクがありますので、治療実績の豊富な信頼できるドクターが在籍するクリニックで治療を受けることが最も大切です。

ヒアルロン酸注入の豊胸に失敗したら

ヒアルロン酸豊胸の失敗例、しこり・石灰化ってどういうこと?

胸が大きくなりたいと希望している女性はたくさんいます。
女性にとって胸はシンボルでもありますので、美しい胸を求めるのでしょう。
ヒアルロン酸を使った豊胸手術が人気があるのですが、リスクとしてしこり・石灰化する可能性があります。
ヒアルロン酸は自然と吸収されていくものなのですが、バストに内部に残ってしまうこともあります。
放っておくと石灰化してしまうこともありますので、早めに対処することが大切です。

ヒアルロン酸豊胸による感染

ヒアルロン酸を使った豊胸手術を行なった時に感染することがあります。
ヒアルロン酸は安全なものですが、細菌がついて感染症を起こすことがあります。
手術をした後に、高熱や腫れや痛みが出てきてしまった場合は、早めにクリニックを受診するようにしましょう。
抗生物質を使用したり、ヒアルロン酸を一度外に出さなければならない場合もあります。
感染症は恐ろしいものですので、異変があればクリニックに連絡しましょう。

ヒアルロン酸豊胸によるでこぼこ

胸にヒアルロン酸を入れると、しこりができてでこぼこになることがあります。
見た目も不恰好ですので、美容整形をした意味がなくなってしまいます。
特に、長期持続型のヒアルロン酸は粒子が硬いので、浅い層に注入するとでこぼこしてしまうことがあります。
乳腺の下の低い層に注入するようにすると、触った感じも自然になります。
万が一でこぼこになってしまった場合には、修正手術を行ない溶かす必要があります。

おすすめのヒアルロン酸豊胸

ヒアルロン酸を使った豊胸手術は、簡単に行なうことができますので、プチ整形としても人気があります。
しかし、リスクも高く失敗する可能性もありますので、きちんとしたクリニック選びが大切です。
クリニックによって、使っている道具も医師の技術も違っています。
どのクリニックを選べばいいのかわからない場合は、おすすめの美容外科を紹介していますので、お気軽にご相談ください。
安心できる手術を受けましょう。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*