豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

エンジェルバッグの豊胸のアフターケアの重要性とは

小さいバストを大きくするには豊胸術です。豊胸術にはいくつか方法があり、そのひとつにシリコンバッグを挿入する方法があります。バッグの挿入は脇を切開して挿入するため胸表面に傷つけることはありません。手術は麻酔を使用するため手術時の痛みを感じることはなく、クリニックによっては硬膜外麻酔を使用しており起きている状態で胸のサイズを確認することもできます。手術後には痛みを感じることもありますが、通常であれば痛み止めの鎮痛剤の処方が可能です。シリコンバッグの要素は、形状、外膜、内容物の3つに分けることができ、これらの組み合わせで作成して各メーカーで作成します。形状にはラウンドタイプ、雫の形のタイプ、円錐形のタイプがあります。よく使用されているのはエンジェルバッグで、これは仰向けに寝ている状態ではラウンドタイプで、起きている時には雫の形のタイプになるものを使用することが殆どです。エンジェルバッグは寝ていても立っていても自然に見えるため良く使用されるシリコンバッグで、アフターケアも必要ないところも魅力的です。

エンジェルバッグの豊胸のアフターケアの重要性とは

クリニックなどでマッサージのやり方を学ぶ

シリコンバッグで豊胸する場合は、カプセル拘縮を防ぐためにもマッサージするアフターケアが必要です。自己流ではなく、クリニックなどでマッサージのやり方を学ぶことが良い方法です。
エンジェルバッグの豊胸には様々な形や材質のタイプがあり、表面がザラザラしたタイプの場合、術後に皮膚が引きつれたり、皮膜拘縮が起こりにくいタイプで、術後のマッサージなどのアフターケアも不要です。バッグの構造は3層のタイプが殆どで、中には9層になっているタイプもあり従来よりも耐久性に優れており、感触や見た目も良くなっているのです。エンジェルバッグの豊胸は、2カップ以上バストアップしたい場合や、半永久的に大きなバストを希望する場合、アフターケアが面倒と感じる場合などに有効な豊胸術です。メスを使った手術で場合によっては全身麻酔が必要なのでリスクも伴いますが、豊胸手術で大切なのは信頼して手術を任せることができる医師やクリニックを選ぶことです。事前のカウンセリングで、メリットだけではなくリスクなども説明する信頼できる医師を選びます。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*