豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

エンドプロテーゼの豊胸に失敗したら…どうなる?

エンドプロテーゼはエンドプラストとも呼ばれる寒天状の素材を注射器で注入して胸のボリュームをアップさせる豊胸方法。エンドプロテーゼはヒアルロン酸注入などとは異なり体に吸収されることはなく、半永久的にボリュームを保つことができる豊胸方法でダウンタイムも少ないことから注目されています。一部のドクターからは発がん性も指摘されているなど、素材自体の安全性が問われておりますので行う場合には自己責任で行いましょう。

エンドプロテーゼは残念ながら失敗が多い豊胸方法と言われています。この豊胸方法はバッグの形で胸の形が決まる豊胸バッグなどの方法とはことなり、注入した素材を手で整えるという施術を行う為医師の技術に依存する方法です。技術的に経験が必要な豊胸方法となっていますので、ドクター選びに失敗してしまうと理想のバストとは異なる仕上がりになってしまうことがあります。左右対称の綺麗なバストにならないという事もある方法と覚えておきましょう。

エンドプロテーゼの豊胸に失敗したら…どうなる?

違和感があった場合にはすぐに信頼できる医師に相談

エンドプロテーゼの豊胸は寒天状の素材を注入する方法なので触ると動きがでたり感触にも通常の胸と比べると違和感があるという失敗がでることがあります。また、エンドプロテーゼの豊胸はしこりになってしまう事もあり、時間が経てばたつほど修正が困難になるという性質も持ち合わせています。固まったエンドプロテーゼはクリニックなどで取り除くことは可能ですが注射器で素材を注入するように簡単には行えません。一般的なメスを使う手術となるため傷口が残る場合も考えられます。

エンドプロテーゼは組織に浸透していかない素材なので副作用がないと言われていますが、まれに発祥してしまう場合もあります。違和感があった場合にはすぐに信頼できる医師に相談しましょう。この素材の安全性はメーカーや医師によって意見が異なっているのが現状です。正確なデータがあるわけではないので、安全性の高い豊胸方法をお探しの場合には別の手段をとった方が良いでしょう。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*