豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

エンドプロテーゼの豊胸の効果とは!

バストを豊かにする豊胸術にはさまざまな種類がありますが、いずれにしても何らかのものを乳房に挿入することで膨らませるというものです。スタンダードな豊胸術としてはシリコンや生理食塩水などのバッグを挿入する方法で、量も大きく大幅なバストアップを行うことができます。しかし、人工物であるため仕上がりが不自然となるケースもあります。一方で余分な脂肪を注入する方法もありますが、バストアップできる量も限られますし正常に脂肪細胞が作用しないとしこりなどを起こす場合があります。
安全な方法としてはヒアルロン酸注入があります。ヒアルロン酸は体内に存在する物質であり、いずれは吸収されてしまいますが、効果は半年から1年ほど続きます。自然に吸収されるので効果は限定的ですが、人工物を入れるのと比べてリスクが低い方法といえます。
一方で人工物を挿入するさいにはある程度の切開をする必要がありますが、ヒアルロン酸注入と同じ仕組でできるのがエンドプロテーゼです。エンドプロテーゼは小さな穴から注入することができ、また身体に吸収されることがないので半永久的に効果を持続させることができます。

エンドプロテーゼの豊胸の効果とは!

エンドプロテーゼの豊胸のメリット

エンドプロテーゼの豊胸のメリットとしては、ジェル状の素材であるため小さな穴から挿入することが可能な点です。バッグ挿入による豊胸術では少なからず切開する必要がありますが、注射器で注入可能なので切開が不要です。またエンドプロテーゼの豊胸での最大の特徴はエンドプロテーゼの素材としての特徴があります。
エンドプロテーゼはシリコンバッグや生理食塩水バッグと同様に効果は半永久的ですが、バッグとは異なり破裂による破損がありません。また素材が周辺組織に浸潤しないため安全とされていますし、浸潤しない素材ため周辺組織が石灰化するなどのリスクも低いものといえます。
また周辺組織に浸潤しない性質から、術後に取り出すことも可能といった点があり、豊胸のほか鼻を高くしたり、アゴの輪郭形成などにも使われています。
なお、デメリットとしては他の美容整形同様に医師の技量によって仕上がりが左右されるという点で、また取り出すことが可能といっても切開手術を行う必要がある点があります。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*