豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)の名医を見つける方法【2項目解説】

大胸筋筋膜下法とは、欧米で広く行われている術式の豊胸術です。大胸筋の上にバッグが入れることにより、大胸筋が収縮したときの形状の不自然さが解消され、また硬さも感じさせません。大胸筋をはがしてバッグを入れ込む術式の場合には、術後の強度の筋肉痛のような痛みを感じますが、痛みの負担が小さいことも大胸筋筋膜下法の特徴です。国内で採用している病院自体が少なく、比較的新しい術式です。外科的手術の要素が大きなものですから、医師の技術力が大きく問われます。

名医といわれる人々は技術力と経験値が高い医師です。症例数の多さが、見極めのポイントとなるでしょう。カウンセリング時に症例を見せてもらいましょう。また名医はカウンセリングが丁寧だといわれています。患者の不安に的確に答えてくれます。カウンセリングの印象で「不安がぬぐえない」「納得できる答えが得られなかった」という場合には、その場の判断は避けたほうが賢明でしょう。

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)の名医

名医はリスクの説明についても怠りません

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)は安全性が高いとされていますが、リスクがないわけではありません。名医はリスクの説明についても怠りません。手術を受けることで感染症や傷跡などのリスクはありますが、大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)特有のリスクもあります。カプセル拘縮や被膜拘縮です。時間経過とともにバッグの周囲にコラーゲンの膜が形成されます。これらが拘縮すると触感が硬くなります。これを最大限に避けるためには、医師の挿入技術や挿入層の確定などが関わってきます。

また経年によって挿入したバッグの輪郭が赤裸々になってしまうこともあります。バストがしわがよってしまったようになり、これをリップリングと呼びます。これも医師の挿入技術や挿入層の確定によって、大きく回避できます。個体差の大きなものが人間の体ですので、いくら名医でも避けられないトラブルはあります。しかし名医といわれる医師は、トラブル後の対応についても納得できる説明を行います。

大胸筋筋膜下法での豊胸の名医

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)を行っている評判の良いクリニックとは

豊胸手術には大きく乳腺下法・大胸筋下法・大胸筋筋膜下法の3つに分かれており、欧米では主流の大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)を日本で行ってい美容外科は少ないようです。大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)の特徴は、大胸筋と乳腺の間にある筋膜の下にバッグを入れる事で大胸筋下法より身体に負担が少なく術後も回復が割くなります。

しかし、デメリットとしては切開する部分によっては傷跡が目立ちやすく、カプセル拘縮やリップリングが起きた時表面に現れやすいことです。

このような、高技術を必要とする大胸筋筋膜下法を行っている評判の良い美容外科をご紹介しております。
ご相談所では、これまでの口コミをもとに、全国のクリニックの手術の特徴や失敗確率を基にしたランキングの決定などで比較ランク付けをさせていただいております。

美容整形が身近になった現代、値段が安く表示されている美容外科・クリニックは多くありますが、失敗しないためにも慎重に自分に合った美容整形外科・クリニックを選びたいものです。

おすすめの美容外科・上手なクリニック

バストアップに関する手術法のバリエーションが豊富であり、さまざまな希望に合わせた胸に仕上げられる環境が整えられています。美容外科ならではの、美しくなるような治療を実施してもらうことができ、胸を大きくするだけでなく、全身の様々なケアをすることによって、胸をより大きく見せられるような治療を実施することもできるため、とても魅力が多い治療をすることが可能になっています。

技術が高い病院では、再生医療を応用した最新の豊胸法などの世界中で行われている最先端の治療も行いやすい環境になっていて、非常に品質が高い治療をすることが可能になっています。アフターケアの体勢もしっかりとしていて、作り上げた胸が体に定着するようなさまざまなケアを専門的に行ってもらうことができ、手術に対する満足度が高いものになっています。

具体的な名医のご紹介は下記フォームよりご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*