豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

大胸筋下法(豊胸バッグ)はどのくらいの効果がある?

男性が陰茎の大きさで悩むように女性は胸の大きさで悩み、コンプレックスに思ってしまうことも少なくありません。そうなってしまうとそれが原因といろんなことに積極的になれなくなってしまうこともあります。そのため、思いきって胸に豊胸バッグを入れて大きくすることで自分に自信を取り戻すという方法をとるのもありです。豊胸バッグを入れるやり方についてはいくつか方法がありますが、そのうちの一つに大胸筋下法という方法があります。大胸筋下法は大胸筋の下にバッグを入れることで深くにバッグが入りますから人工的な胸の大きさであるということが周囲にバレにくいという効果があります。ただし、この方法は垂れた胸の方にはあまり適していない方法ですから、そういう方の場合にはまた別の乳腺下法という方法で豊胸を行なうことのほうが多いです。どちらにするか、あるいは他の方法にするかは担当の医師とよく相談をしてから最終的な判断をすることになります。
大胸筋下法での豊胸の効果

バストが小さな方に適していう方法

大胸筋下法(豊胸バッグ)の効果はどちらかというとバストが小さな方に適していう方法です。ちなみに大胸筋下法(豊胸バッグ)に使うバッグには円形をしているラウンド型と涙型をしているアナトミカル型の2種類があります。日本人に適しているのはラウンド型ですが、バストが大きめの方の場合はアナトミカル型を採用することがあります。また表面がつるつるなスムースタイプと表面がザラザラしているテクスチャードタイプがあり、手術後の被膜拘縮が起きにくいという意味ではスムースタイプよりもテクスチャードタイプのほうがオススメされます。被膜拘縮というのは豊胸をした時に形成される体との境目にできるカプセルと呼ばれる薄い被膜が極端に分厚くなってしまうことをいいます。体には悪影響のないバッグですが、スムースタイプを使用した場合はマッサージをするなどして被膜拘縮を予防する必要があります。しかしテクスチャードタイプであればマッサージをほとんどしなくても被膜拘縮を予防できるのです。大胸筋下法は見た目が自然に仕上がり、傷跡も目立たないのがポイントです。また効果も個人差はあるものの、半永久的であるといわれています。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*