豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

大胸筋下法(豊胸バッグ)をするならアフターケアが大切!

大胸筋下法は豊胸手術で用いられる手法の一つです。この手術は脇または乳房下線を切開し、乳房内部に豊胸インプラントと呼ばれるバッグを挿入する点については一般的な豊胸手術と同様ですが、他の豊胸手術が皮膚の直下に豊胸インプラントを挿入するのに対し、大胸筋下法では大胸筋の下側に豊胸インプラントを挿入する点が特徴となっています。この手術は従来の豊胸手術では施術が難しかった元々のバストサイズが小さいケースや、体質的に皮膚が薄いケースでも施術することができ、また仕上がりも自然な見た目となる利点がありますが、筋肉の下に豊胸インプラントを挿入する性質上、他の豊胸手術よりも施術には高度な技術を必要とするほか、施術後のアフターケアについても十分に気を配る必要があります。大胸筋下法のアフターケアについては、大きく分けると施術後の痛みに対するケアと仕上がりに関するケアの2種類があり、これらはどちらも手術を受けた際には不可欠なものです。
大胸筋下法での豊胸のアフターケア

ダウンタイム・アフターケアについて

大胸筋下法(豊胸バッグ)の術後には、個人差はあるもののほとんどの場合で施術部に腫れが生じ、併せて強い痛みや痺れが起こります。こうした症状は施術から2週間から4週間のダウンタイムの間にかけて起こるため、アフターケアとして手術を受けた医療機関から痛み止めの薬を処方してもらうことになります。また、ダウンタイムを過ぎても症状が収まらない場合においては、必ず手術を受けた医療機関を受診するようにします。
大胸筋下法(豊胸バッグ)の仕上がりに関するアフターケアとしては、バストのマッサージがあります。人間の体には異物を排除しようとする機能があるため、手術によって挿入された豊胸インプラントはそのままでは体外へと押し出されていき、結果としてバストの形が不自然になるなどの悪影響が起こります。しかし、バストのマッサージを行うことでこうした拒絶反応は和らげることができるため、手術直後の安静期間が経過後は、継続して術部のマッサージを行うようにします。ただし、マッサージはやり方を間違えると悪影響がある場合もあるため、事前に医療機関からの指導を受ける必要があります。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*