豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

CMCバッグの豊胸の失敗で考えられるのは

豊かに膨らんだバストというのは、女性らしさを象徴する特徴の一つだったりします。ですがそういった胸の大きさというのは、生れ付きの要因が大きく、女性であれば誰もが大きな胸になる訳ではありません。女性であっても、胸の膨らみがほとんどない人もいるのです。そのため胸の小さな女性は、女性らしさの不足と捉えて、自分の身体に対してコンプレックスを抱くケースも少なくありません。そのため何とか自分の胸を大きくしたいと、考える人もいるのです。

もっとも幸いな事に、現在では豊胸手術を受ける事により、自分の胸の小ささに悩む女性もその悩みを解消する事が出来ます。
特にCMCと呼ばれる物質と生理食塩水を混合して作られた、CMCバッグを胸の中に入れるという方法ならば、確実に胸を大きくする事が可能です。しかもCMCバッグは、収縮性や弾力性に優れているので、かなり自然な形での豊胸を実現出来ます。ただしそれはあくまで、失敗しなかった場合の話です。

CMCバッグの豊胸の失敗で考えられるのは

失敗例・リスク

CMCバッグの豊胸には、他の手術と同様に失敗してしまうリスクも考えられるのです。実際に失敗した際にどうなってしまうかと言うと、胸の大きさが左右で大きく違っていたり、明らかに形が崩れていたり、胸の形が歪になってしまう事が考えられます。同様にCMCバッグの豊胸の手術時にバッグを入れるために付けた傷跡が、大きく残ってしまい目立ってしまうというケースもあるのです。更に手術後は特に問題がなくても、後にバッグが破損してしまい、突然、胸が小さくなってしまう事も考えられます。

もっともそういったCMCバッグの豊胸によるリスクは、クリニック選びに失敗したケースで起きる事が多いです。というのもクリニックの中には、技術力が低い故に、いい加減なCMCバッグの手術を行う所が存在しています。なのでそういったクリニックを避ける事で、リスクを軽減する事は可能です。そして具体的な方法としては、ネットで情報収集する等して、出来るだけ手術実績が豊富で、実際の利用者からの評判の良いクリニックを選ぶという方法が有効です。

CMCバッグの豊胸の失敗で考えられるのは

CMC豊胸バッグ抜去の失敗、入れ替えの失敗ってどういうこと?

CMC豊胸バッグ抜去手術を受ける人の多くが、抜去後に他の素材で出来ている豊胸バッグを入れ替えています。
しかし、医師の知識が十分でなかったり、技術力が未熟な医師による手術の場合に豊胸バッグの入れ替えの失敗のリスクが生じます。
豊胸バッグの入れ替えには、前の豊胸バッグの挿入位置や癒着などを考慮して、新しい素材の豊胸バッグの挿入が必要となります。
バッグのサイズや挿入箇所に十分注意が必要です。

CMCバッグの発がん性

豊胸手術の代表的なものとして、豊胸バッグの挿入があります。
数年前まで主流であったCMCバッグの発がん性が発覚したため、緊急勧告で抜去がすすめられました。
海外ではこの素材自体が販売停止となっている国もあります。
発がん性だけでなく、バッグの破損などもリスクとして考えられるので、CMCバッグの入れ替えを行っていない人は、早めに入れ替えを行うか、抜去手術を受けたほうが体のために良いでしょう。

手術による出血のリスク

CMC豊胸バッグ抜去手術だけでなく、豊胸バッグの抜去手術には皮膚の切開を伴うので、手術には出血が伴います。
通常であれば、大量出血にはなりにくいので、体の安全を守りながらの手術が行われます。
しかし、手術における技術力が未熟な医師による手術であったり、知識不足の医師による手術の場合には、切開位置などが適切でなく、血管を傷つけてしまうことで大量出血を起こしてしまう可能性があり、大変危険です。

おすすめのリスク回避

CMC豊胸バッグ抜去手術を行う際には、体への負担や手術に対するリスクなどをきちんと把握しておく必要があります。
美容整形手術には、必ずリスクが伴うものですが、少しでもそのリスクを回避するためのおすすめの方法が、医師やクリニックの下調べを十分に行うことです。
医師やクリニックについて調べていくと、医師の手術経験や、専門分野などが分かってきます。
豊胸手術を得意としている医師を選ぶことが大切です。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*