豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

CMCバッグの豊胸のダウンタイム。痛みや腫れは?

バストアップの治療では人工乳腺を挿入することが多いですが、そのバッグにも様々な種類がありますので、それぞれの理想のバストに仕上がるよう、じっくり比較して選んでいきましょう。CMCバッグはフランスで開発された豊胸バッグで内容物は生理食塩水とカルボキシメチルセルロースでできたハイドロジェルパックとなっています。伸縮性や弾力性に優れていることが特徴的で、柔らかさもありますので自然なバストに近い感触を得られることが期待できます。CMCバッグを用いた豊胸治療は本格的な治療となりますので、プチ豊胸と呼ばれる方法と比べるとダウンタイムは長くなることは理解しておきましょう。メスを使いますので、やはり治療後の腫れや痛みがありますし、切開も行うこととなりますので切開する場所によっては傷跡が目立ってしまう可能性もあります。半永久的な効果が期待できる治療ですが、治療前はメリット、デメリットともによく理解しておきましょう。

CMCバッグの豊胸のダウンタイム。痛みや腫れは?

CMCバッグの豊胸はある程度体に負担がかかる

CMCバッグの豊胸治療を行うと大幅なバストアップが期待できますし、柔らかさのある自然な仕上がりを得ることができますが、やはりCMCバッグの豊胸はある程度体に負担がかかるということも理解しておきましょう。
ヒアルロン酸注入などによるプチ豊胸と比べるとやはりダウンタイムは長くなりますし、治療後の痛みや内出血もしばらく続くこととなります。
医師の技術力が不足している場合は腫れなどが強く出るなどダウンタイムがより長くなってしまう可能性もありますので、できるだけ名医と呼ばれる医師に担当してもらうことが大切です。
医師の技術力が不足していると理想の仕上がりにならなかったり、バッグの破損が起こる、傷跡が目立つなどのリスクも高まってしまいます。
CMCバッグは理想の仕上りにならない場合もやり直すことは可能ですが、修正治療もやはり体には余計な負担がかかることとなってしまいます。満足な結果を得るためにはクリニック選びはとても大事となりますので、慎重に選んでいきましょう。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*