豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

CMCバッグの豊胸のデメリット3つ知った上で受けるんですよね?

CMCバッグはフランスのアリオン社が製造している豊胸バッグでカルボキシメチルセルロースと生理食塩水などの混合物で作られている豊胸バッグです。

この製品の特徴は他の製品に比べて伸縮性、弾力性に優れており固形シリコンよりもさらに柔らかいため体内に入れても自然な感触に仕上げることができるため、見た目も触り心地も自然にできるといわれています。

ただし、このようなメリットがある反面、デメリットもあります。このCMCバッグはシリコンバッグとは異なり内容物が液状であるため、もしバッグが破けた場合には人体に漏れだし体内に吸収され豊胸バッグが収縮する可能性があります。

また、人間の体内に存在する水分と同じ成分で作られている生理食塩水バッグは同じ水分でも体内と同じ成分ですので害がありませんが、CMCバッグにはカルボキシメチルセルロースが含まれており、この成分が体内に吸収されることによる人体への影響が懸念されています。

CMCバッグの豊胸のデメリット、知った上で受けるんですよね?

CMCバッグの豊胸のデメリット

CMCバッグの豊胸のデメリットである人体への影響ですが、CMCバッグに含まれているカルボキシルメチルセルロースは食品添加剤などにも使用されている水溶性物質ですが、その安全性については意見がわかれています。

クリニックによっては安全性は保障されているとするクリニックもあり使用している所もありますが、批判的意見が根強くある製品でもあります。

実際、カルボキシルチルセルロースが生体内で毒性化する危険性が問題視されたことによって、フランス政府当局やイギリスなどでは使用や販売が禁止されています。 ただ、実際に毒性があると認められておらず、現在も製造はされています。

しかし、CMCバッグの豊胸をしている人に対してバッグの内容物が毒性化してないか定期的に診察を受けるように警告している国もあり、やはりCMCバッグの豊胸は他の豊胸バッグを挿入した豊胸手術に比べると完全に安全とは言い切れない部分が大きい製品でもあります。

「入れ替え」のデメリットについて

よくある失敗例:入れ替えのデメリットを回避!CMC豊胸バッグ抜去について知ろう!

一度入れてしまった豊胸バッグを入れ替えるためには、再度切開手術を行う必要があります。

入れ替えのデメリットとしては、傷跡が残ることや、バストのサイズが変わってしまうことなどがあります。
また、高い技術力が求められるので、行える医師に限りがあります。

入れ替えによって不自然な状態になってしまったり、しこりなど触り心地に違和感が出てしまうこともあるので、デメリットも十分に理解しておきましょう。

「CMCバッグの発がん性」デメリットについて

CMC豊胸バッグ抜去は、近年極めて多い手術の内容です。
CMCバッグは豊胸バッグの中でも主流となっているものでしたが、発がん性のリスクがあるとされて、いまではほぼ流通が無くなってしまったものです。

フランス製で触り心地はシリコンのようなもので、約10年ほど前は、ほとんどの手術において使用されていました。
破損時などに中の成分が体内で毒化する恐れがあるので、早めの入れ替えが必要です。

手術による「出血」デメリットについて

CMC豊胸バッグ抜去では、豊胸手術に使用した、豊胸バッグを抜去するので、皮膚の切開や抜去時の出血が必ず伴います。

さらに、豊胸バッグがカプセル拘縮を起こしている場合や癒着のある場合には、さらに抜去が困難となるので大量の出血のリスクもあります。

正しい処置をされないと、ショック状態に陥るなどのリスクもあるので、十分に注意して、信頼できる技術力の高い医師選びをすることが大切です。

名医による手術がおすすめの方法

美容整形手術は、修正手術の方がさらに難易度が上がるものです。

特に豊胸バッグの入れ替えなどは、元の状態をしっかりと把握するだけでなく、再度希望通りのデザインにするので、非常に難易度が高くなります。

名医と呼ばれるような、技術力が高く、知識も豊富な医師を選ぶことで、リスクを回避することが出来たり、より良い方法の手術の提案をしてもらうことができます。
医師選びを慎重に行うことがおすすめです。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*