豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳輪縮小術の効果と失敗・修正のすべて!

乳輪縮小術とメリット

授乳を行う事で乳頭が大きくなってしまうケースがあります。

これは皮膚がたるみがでてしまう事に起因します。下垂も影響しています。単純な楔状切除術は今後、授乳をしない方に適しています。

それに対して、Lewis法は授乳機能を温存しながら、乳頭を綺麗に小さくできます。
※ルイス法であれば、乳管を温存できるため。後戻りを防ぐために中縫いをするケースもあります。

これには吸収糸である5-0 PDSなど、できるだけ細い糸で行う必要です。
皮膚縫合も7-0 Nylonなどの細い糸で行得る医師を選択しましょう。

乳輪縮小術の効果と失敗・修正のすべて!

乳輪縮小術の名医と有名病院

乳輪縮小術の名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。

乳輪縮小術の症例数が多いだけではなく、クオリティの高い乳輪縮小術の症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果

乳輪縮小術の症例写真

症例画像①

乳輪縮小術の失敗・修正・再手術

大きすぎる乳輪を小さくしたい、そんなコンプレックスを抱いている人は決して少なくはありません。実際に目で見てその影響が大きいこともありますし、恋人やパートナーからの印象を損ねたくないと不安を感じる人も多いという事です。

そこで活用することになるのが美容整形手術の一種である乳輪縮小術という手術なのです。乳輪縮小術とはその名の通り、乳輪部分をドーナツ状に切り取ってその大きさ、形を修正していくものです。

この乳輪縮小術、人によって多少の違いはあるものの、乳輪の内側、もしくは外側を切り取り、そこを再び縫い合わせていくことで修正を行っていきます。

 

乳輪縮小術に失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介でも分析しておりますが、乳輪縮小術を失敗してしまった場合、半永久的に可能ですが、場合によっては後戻りを起こしてしまう場合がございます。

乳管を傷つけてしまいますと、血流が悪くなる可能性がありまり、乳頭が壊死になりかねません。
経験豊富な医師を選択しましょう。

技術が低いクリニック・ドクターで手術をしてしまうと入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなってしまいます。
是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

乳輪縮小術の美容整形・手術・治療

女性の胸は経年によって形状が変わってきます。

胸のほとんどが脂肪ですので形が変わりやすく、経年とともに下垂したり、張りが無くなってしまったりといったことはごく普通のことです。

妊娠や出産、授乳によって更に加速度を増すことも考えられます。

乳房を小さくするなどして下垂を改善するなどもありますが、乳輪縮小術によって乳輪部分を修正するだけで印象はかなり変わります。

体験者から「若々しい胸になった」という声も高く、人気がある手術の一つです。

また加齢だけではなく、もともとの形状にコンプレックスがある人にも支持されています。

乳房とのバランスが悪い、誤解を招きやすい形状であるといったことで、悩んでいる人も少なくないものです。

乳輪縮小術は若い女性の支持も得ています。局部麻酔で日帰り手術が可能という手軽さも、人気の理由です。

日常生活も次の日から送れ、人から見える部位ではありませんので、誰にも知られることがありません。バストトップの位置を変えることも可能です。

バスト・豊胸の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

乳輪縮小術の効果・仕上がり・アフターケア

乳輪縮小術の効果・仕上がりを評価する上では、バストの形状・傷跡・触感を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

バストアップ・豊胸手術の整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

乳輪縮小術のトラブル・リスク・デメリット・後遺症

乳輪縮小術のデメリットをまとめます。

より細かな作業が必要となるため、担当する医師の技術力がものをいうことになります。

中にはこの乳輪縮小術での修正に失敗して大きく形が崩れてしまったり、左右でのバランスが悪くなるなどのトラブルが起こったりすることもあります。

この他にも縫いあわせた皮膚に傷跡が大きく残り、乳輪縮小術を行ったとバレてしまう可能性も出てくるため、注意が必要になってきます。

こうした乳輪の修正によるトラブルを防ぐためには、腕の良い医師に手術を担当してもらうのが一番です。知識や技術に優れた医師であれば、そもそもこうしたトラブルは起こりませんし、失敗のリスクも最小限に抑えることが可能です。

技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

乳輪縮小術の代表的なリスクとしては、傷跡・左右差などのトラブルです。

バスト・豊胸の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。

ご相談窓口でも説明いたしております。

バスト・豊胸の美容整形のその他のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。関連する治療法>>>乳輪縮小術のリスクとは?

しこり 感染(化膿) リップリング 被膜拘縮(カプセル拘縮) 定着率(生着率) カタチ(左右差) たるみ 傷跡 除去 入れ替え 破損 段差 冷たい 触感(硬い) 皮膚壊死 石灰化 乳がん検診 不自然な隆起 バストの位置・大きさが不自然 希望のサイズ バッグの輪郭が浮き出る 胸の中でバッグが動く 感覚麻痺 血が溜まる 中縫いの糸が出てくる 出血 テープかぶれ バストが小さい バストを大きくしたい

乳輪縮小術のダウンタイム・腫れ

ダウンタイムはおよそ2週間となります。
術後は腫れが強く出ますので、包帯・ドレーンなどのアフターケアがしっかりとしている病院を選びましょう。

乳輪縮小術の料金相場と安い価格・費用

値段の相場・平均は40万円、料金が安いと30万。

乳輪縮小術のまとめとオススメ

乳輪縮小術の美容整形でバストのコンプレックスを解消できますが、ドクター選びには注意をしなければなりません。

リスクを下げた医師選びをオススメいたします。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*