豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

BRAVA(ブラバ)豊胸のリスクとして考えられること

BRAVA豊胸とは、アメリカFDAの認可を受けた豊胸機器で、ドーム型のカップに胸を吸着させて圧力をかけることで、胸の皮膚や組織をのばしてバストアップさせるというものです。
日本では10年程前に普及していましたが、思っているほどの効果を得ることが出来ないことから、次第に使用されなくなっていました。しかし最近では、脂肪注入豊胸と併用することで、脂肪の定着率がアップすることがわかり、海外をはじめふたたび注目を集めています。
脂肪注入による豊胸手術には、脂肪を注入するスペースの確保が一番難しいといわれています。特に痩せ型で余分な脂肪がない人は、たくさんの脂肪を無理矢理注入すると、圧迫された細胞が壊死するリスクもあるので危険です。BRAVA豊胸は、皮膚や皮下組織をのばす効果があるので、脂肪注入前に陰圧を与えることで、皮膚を拡張することができます。また拡張したスペースに血管が新設され、血流を伴うスペースを得ることができるので、より確実に美しいバストを手に入れることが可能となります。

BRAVA(ブラバ)豊胸のリスクとして考えられること

豊胸手術の方法について

豊胸手術には、ヒアルロン酸や脂肪注入、シリコンバッグなどいくつかの方法があります。
中でも自分の脂肪を注入する脂肪注入は、拒否反応もなく、手軽に行える施術として人気があります。
そんな脂肪注入は、かなり痩せている女性にはあまり効果がありません。痩せて脂肪が少ない場合、皮膚の伸びが悪く、脂肪を注入するスペースを確保することが難しいことから、無理に脂肪を注入しても、脂肪が圧迫されて壊死するため、硬いしこりとなるリスクを伴います。
BRAVA(ブラバ)豊胸は、痩せ型の女性でも、脂肪注入ができる豊胸手術で、脂肪注入を行う前後2週間装着することで、皮膚を伸ばしてスペースを確保でき、効果を期待することができます。
BRAVAとは、ドーム上のカップをバストに装着して、カップないの空気を吸引することで、バストアップをはかる機器です。ただ単体で使用しても、使用をやめると元に戻るなど、あまり評判はよくありませんでしたが、脂肪注入法と併用することで、脂肪がバストに定着しやすい状態になるという研究結果から、現在ではBRAVA(ブラバ)豊胸手術を行うクリニックが増えてきています。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*