豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入の名医

この美容整形は、乳房の下溝部分を切開するので、デメリットとしては傷跡が目立ちやすくなるので、もしこの美容整形をお考えの方は慎重に決断するようにいたしましょう。

とくに、乳房下縁から、切開ラインでの傷跡が残りやすいので、もしこの手術をやるのでしたら、最終手段と考えてください。美容整形においてあまり傷跡は残したいとは誰しも思わないでしょうから、お医者さんもそのような判断ができる方がいいでしょう。

そしてデメリットとしては、乳房下縁からの傷跡の石灰化やケロイド状態、カプセルの拘縮などが考えられます。拘縮を生じてしまいますと、バストが硬くなりますので、不自然な触感となってしまいます。

また、修正手術でバッグ周囲のカプセルの除去やその周囲のエリアの拡大をはかる場合などには、乳房下切開の切開ラインが求められます。この、カプセルの周囲のエリアが狭いと豊胸バッグが入りづらくなりますので、正確で高い技術がある名医と呼ばれる方の選択が必要不可欠となります。

乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入の名医

乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入のダウンタイム

乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入のダウンタイム期間はおよそ2週間ほどになります。

ダウンタイム期間は、腫れや痛みなどがありますが、この期間はクリニックからもらう痛み止めを摂取するだけではなく、だけではなく氷の入ったパックで冷やすなど、自分でもできるケアが重要となっていきます。また、この乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入のダウンタイム期間に使用するブラジャーは術後すぐはワイヤーブラはなるべく避けるように心掛けましょう。これはダウンタイム中にできるコラーゲンのカプセル被膜がワイヤーブラの強い圧力によって、ずれてしまう場合があるためです。

また、その他の美容整形を同時並行に受けられる方は、とくに数ある麻酔の中からの選択、組み合わせが重要となり、このダウンタイム期間の後遺症にも影響が出てきますので、そういった判断もできる乳房の名医をご自身とのカウンセリングによって、選ぶようにすることがもっとも大切なこととなってきます。

乳房下縁(アンダーバスト)から挿入する豊胸バッグの名医

乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入、おすすめの美容外科を紹介!

女性らしい胸を希望する場合に様々な豊胸方法がありますが、長く行われてきたバッグ挿入は以前よりもリスクが軽減されて安全性が高くなっています。東京で乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入に対応している美容外科は、バッグのサイズについても大きなものを取り揃えているはずです。脇からの挿入よりも視野が大きく取れて大きなバッグの挿入も可能です。

希望する胸のサイズと形に合わせてバッグのメーカーやラウンドタイプやアナトミカルタイプなどの形、量を前もって選択しておきます。バッグの中身もいくつかあって、柔らかさの違いが出てきます。アンダーバストの切開は小さなサイズで3cmから4cm程度で済むようになっていて、特殊な挿入器具を使うことでスムーズに入れられるようになりなったので、体への負担も軽減されています。

バッグを入れる位置には乳腺下や大胸筋膜下、大胸筋下があります。それぞれでメリットとデメリットがあるため、医師から説明を聞いて決めておきます。胸の状態によっては選択肢が限られ、医師から勧められた方法で行うことになる人もいます。

乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入の値段は、安いところで500,000円ぐらいから行われていますが、選ぶバッグのメーカーや中身の違いで変化し、質の良いものを選ぶと1,000,000円近くになることが多くなります。

施術になれていない医師が行うと失敗する可能性があり、バッグを挿入する位置が悪く自然とずれていってしまったり、左右差ができる、縫合の仕方が悪く胸に引き攣れなどができてしまうことなども考えられます。東京で評判が良く、乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入の症例数が多いクリニックであれば、経験が豊富にあるため安心して任せることができ、理想とする胸のサイズアップを目指すことができます。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*