豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入のアフターケアが大切な訳とは

基本的に豊胸バッグ挿入は傷口が目立たないといったことから脇の下からの挿入になります。しかしこの手術方法は高度な技術力の高さが求められるので、それに比べ乳房下縁からの挿入は比較的簡単な手術が可能となり結果医師の腕の違いによっては乳房下縁からの挿入になる場合があります。また過去に豊胸経験があり豊胸バッグ部分に炎症が生じている場合も、乳房下縁からの挿入になります。豊胸バッグの形が崩れることや硬くなってしまう事を防ぐ為にも、マッサージや通院による医師の指導が非常に重要です。このアフターケアを怠ると豊胸バッグが硬化し塊となってしまうカプセル拘縮やカプセル部分がペコペコ波を打ったようなカップリングという見た目の悪さにもつながる症状に繋がってしまう可能性があります。このようなことからも分かる通り、術後のアフターケアはもちろんのこと技術力の高い医師、術後の指導やアフタフォローを万全に行ってくれる医師選びが重要です。
乳房下縁(アンダーバスト)から挿入する豊胸バッグのアフターケア

アフターケアが非常に重要

豊胸手術は術後のバストに傷をつけない綺麗な仕上がりにする為にも、基本的に脇の下からの豊胸バッグ挿入が一般的です。しかしこの手術方法は非常に高度な技術が必要とされ、それに比べて乳房下縁からの手術は比較的簡単な手術方法になるため、結果医師の腕の違いによって乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入になる可能性が高いです。また過去に豊胸手術経験があり豊胸バッグ部分に炎症が起きている場合、豊胸バッグ周囲のカプセルごと取り除かなくてはいけなくなりこの場合だけは脇の下からの挿入が不可能になります。よって必然的に乳房下縁(アンダーバスト)からの豊胸バッグ挿入になります。術後は豊胸バッグの形がくずれたり、固くなったりすることを防ぐ為にもマッサージや通院による医師の指導を受けるといったアフターケアが非常に重要です。このようなケアを怠ると豊胸バッグが塊となるカプセル拘縮や、カプセルがペコペコ浮き立つリップリングという見た目にも響く症状にもつながってしまいます。術後のアフターケアはもちろんのこと、技術力の高さ、術後の指導などのアフタサービスをしっかり行ってくれる医師選びが非常に重要なのです。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*