豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

アナトミカル型の豊胸バッグのリスクにはどんなものがある?

アナトミカル型とは、豊胸手術用に使われるバッグの形を指します。豊胸手術では医療用のシリコンバッグなどを胸に挿入するようになります。このバッグの形状は1種類だけではありません。いくつかの種類がありますが、その代表的なものとして、アナトミカル型が存在します。特徴として、胸の下部分が膨れるような形状をしています。上部はやや平面的な形状をしており、比較的大きなバストを作り出したい人に向いているとされるバッグです。
このバッグを利用する時のリスクとしては、この形が本人に本当に適しているかというのが、まずあります。下方向に向かって徐々に大きく膨らみを持たせる形状ですので、場合によっては垂れ下がった胸が出来上がる恐れがあります。若々しい胸を作り出したい場合に、この性質が邪魔をする可能性が高まります。
日本人に合いやすいバッグは、おわん型のラウンド型と呼ばれるものです。寝た時に不自然さがないため、こちらのバッグを選んだほうがリスクが少ないこともあります。

アナトミカル型の豊胸バッグのリスクにはどんなものがある?

アナトミカル型の豊胸バッグのリスク

その他のアナトミカル型の豊胸バッグのリスクとして、メスを使った施術とあり、傷跡の心配が存在します。バッグ挿入時に、わきの下のシワにそって、数センチの切れ込みを入れるようになります。シワにそって綺麗に切れ込みが入れられるかが、まず第一のポイントです。
第二のポイントとしては、縫合技術が試されます。縫合が下手な手術医が行うと、皮膚がガタガタになったり、引きつったりする恐れがあります。縫合が綺麗といった、評判のよい医師がいる美容外科選びに徹することがポイントになります。
さらに、アナトミカル型の豊胸バッグでは、バッグの拘縮というリスクを持っています。このバッグはコラーゲンで膜を作るようになりますが、拘縮が進むとバッグが硬くなってしまい、不自然な胸になってしまうことがあります。
この問題を回避するには、質のよいバッグを選ぶことが重要になります。海外製のバッグが使われる例が多くなっていますが、アジア諸国で作られるバッグは安物が多いため、リスクが高くなりがちです。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*