豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

アクアフィリング豊胸の効果は絶大?

胸を美容整形で大きくする豊胸術にはいくつか種類があります。シリコンバッグを挿入する方法やヒアルロン酸を注入するようなメスを使用しない方法もあります。
メスを使用しない方法のひとつにアクアフィリング豊胸があります。アクアフィリング豊胸は、アクアフィリングという薬剤を胸に注入し、胸の形や大きさを整える効果が得られる豊胸術で3〜5年程度の持続が期待できます。アクアフィリングはプチ整形でヒアルロン酸での豊胸に似ていますが、ヒアルロン酸を注入するより、長持ちで安全でより柔らかくし阿賀得ることができることが魅力です。アクアフィリング豊胸の仕上がりは、柔らかく弾力があり自然な仕上がりです。触った時に胸と体の境界線がわからないほどです。肌に密着して移動しないため、注入時の美しい胸の形が維持できます。アクアフィリンは98%の水分と2%のポリアミドで構成されているため生理食塩水で分解でき、注入後に取り出しだくなった場合でも簡単に体外に排出することができます。

アクアフィリング豊胸の効果は絶大?

自然な仕上がりで柔らかく弾力のある触り心地の効果を得られる豊胸術

アクアフィリング豊胸は、自然な仕上がりで柔らかく弾力のある触り心地の効果を得られる豊胸術です。安全性も確認されているため授乳も可能です。アクアフィリングを注入した後は、水とポリアミドの水素結合がゆっくりと分解し、徐々に減少して注入前の状態に戻っていきます。残ったポリアミドは体内の免疫細胞により処理されて尿として排出されるため安心です。
アクアフィリング豊胸が柔らかさが続く理由には、周りへのなじみやすさの親和性があります。ヒアルロン酸は親和性が低く、胸の組織と薬剤の間に膜ができるため注入後は少し硬くなります。アクアフィリングは、体内のコラーゲンやエラスチンと親和性が高く、胸の組織となじみやすく、極々薄い膜は作られますが厚い膜は作られないため、注入後も柔らかさを保つことが可能なのです。
施術は約1時間程度で、施術後シャワーは当日から可能で、入浴は約1週間後の抜糸した後から可能です。手術後の内出血や腫れは約2週間程度で治まり、痛みについては個人差がありますが、処方される痛み止めで解消できる程度なので安心です。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*