豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

不安は解消しておこう!アクアフィリング豊胸のダウンタイム

胸にコンプレックスのある人は多いと思われます。自宅で胸を大きくしていこうと思った場合、食生活や生活習慣を見直したり、胸の大きくなる効果のあるグッズやサプリメントを利用する、エクササイズなどの運動を行うなどの方法があります。しかし、これらの方法では確実に大きくできるという確証はなく、毎日続けなければならないという手間が考えられます。
確実に胸を大きくするためには、豊胸手術がおすすめです。
近年注目されている方法のひとつがアクアフィリング豊胸になります。
アクアフィリング豊胸とは、アクアフィリングという薬剤を胸に注入してバストの形や大きさを整えることができるプチ整形による豊胸術になります。ヒアルロン酸豊胸と同じ手軽さがありながら、より柔らかく持続期間が長いという特徴があります。
アクアフィリング豊胸を検討している場合、そのメリットとデメリット、手術後のダウンタイムを理解してから手術に望むことが重要です。

不安は解消しておこう!アクアフィリング豊胸のダウンタイム

ダウンタイムは殆どない

アクアフィリング豊胸で使われる、アクアフィリングという薬剤は98%の水分と2%のポリアミドで構成されており、生理食塩水を加えることで分解されます。
アクアフィリング豊胸のメリットとして上げられるのが、胸の組織と馴染みが良いため注入後の柔らかさが保たれやすいことがあげられます。痩せているタイプの人でも大きくしやすく、授乳への安全性も確立されています。元のサイズに戻したいという場合には、生理食塩水を加えることで分解されるためほかの手術に比べて簡単に体外に排出することができます。
局所麻酔または静脈麻酔を行うため、施術を行うときに痛みはほとんどないとされています。
ダウンタイムは殆どなく、施術直後は少し張った感じがすることもありますが、時間が経つと改善します。手術後の腫れや内出血も2週間程度で治ることが一般的です。
デメリットとしては、注入費用がヒアルロン酸よりも高めで、注入量に限界があるため2カップ以上バストアップを望む場合には不向きな方法です。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*